FOOD

FOREIGN RESTAURANT’S OWNER IN TOKYO Vol.14

🇻🇳『THI THI』タン・ニャンさん/インタビュー土井光

2023.01.27(Fri)

interview: Hikaru Doi
design & text: Shoko Yoshida

海外から来た方が日本でオープンした外国料理の店は、味はもちろんだけど、それと同じくらい店主の人柄や考え方が魅力的だったりする。各地のローカルな風を届けてくれる東京近郊の名店の店主を料理家の土井光さんと巡るコラム!

蒲田の駅から徒歩5分ほど、素朴な看板の先にある階段を降りると広々とした可愛いお部屋があります。ベトナム人のお母さんはてきぱきと厨房の中では動いていますが、お話ししている時はとても穏やかで可愛らしい。それでも知らない異国の地で店を開き、お客さんに愛されている姿はとても強いパワーを感じました。ほっとするフォーのスープ、新鮮な沢山のハーブ、丁寧なお料理に心安らぎます。たくさんの人とシェアするのもよいし、ひとりでゆっくり楽しむのもあり。どんな時に行っても素敵なお料理で癒してくれる、素敵なレストランです。最後の冷たいデザートもおすすめです!

本日はよろしくお願いします! 入ってすぐ思ったのですが、このお店のスタッフは全員ベトナム人の女性の方なんですね。

私の妹たちや姪など、全員親戚です。男子禁制なわけではないんですけど(笑)、たまたま女性だけですね。ベトナムでは女性が料理をすることが一般的で、全員料理ができるので、キッチンでも一緒に働いてもらっています。

なるほど! なんだか親戚の家に遊びにきたような気分になります。親戚同士仲がよく、人数も多いんですね。

ベトナムは兄弟が多い上に、親戚同士での関わりが多いので、どこまでを家族とするかが曖昧なんです。自分の兄弟の人数も7人だったか、8人だったか正確に覚えていないくらいで(笑)。

異国でも、親戚が近くにいれば安心ですね。お店の内装は、タンさんが自ら考えたのですか? 屋台感がなく、清潔感のあるレトロな雰囲気が可愛いですよね。

実はベトナムでも料理屋さんを経営していたのですが、その時は屋台のような雑多な雰囲気でした。ベトナムだとしっかりとしたレストランは高級住宅街にしかないですし。でも、せっかく異国に来たので、自分が好きなあたたかみのあるフレンチスタイルのレストランをイメージして作ってみました!

ベトナムらしさもあるんですか?

壁紙などはベトナムの国家の蓮の花が描かれ、ベトナム由来のモチーフが基調となっています!

ラタン製の家具や植物なども置かれ、トロピカルな雰囲気の中にレトロなフレンチスタイルを感じる。壁に飾られたハンドメイドの刺繍の絵は、刺繍技術の高いベトナムで作られ、ベトナムの風景が映し出された工芸品。テーブル席はすべて4人〜6人掛けで、広々と開放的。

たしかに、テーブルクロスも蓮の花の柄ですね! お店で食べられるベトナム料理は、どの地域のものが多いんですか?

私の故郷である南部を中心としたベトナムの家庭料理が食べられます。北部でポピュラーなフォーも、南部名物のフーティウという鶏ガラベースの米粉麺もありますよ。ベトナム風お好み焼きのバインセオも南部で人気の料理ですね。

右上から時計回りに、炒めたもやし、エビ、豚肉、緑豆が、ターメリックで染まったパリパリな米粉の生地に包まれたベトナム風お好み焼き「バインセオ」。¥1,375/米粉と片栗粉で作られたもちもちの生地に、豚ひき肉とキクラゲが入ったベトナム風水餃子「バイン クォン」。上に乗っているのは豚肉のソーセージ。¥1,000/ビーフンや豚肉が入った生春巻き「ゴイ クォン」。こちらもベトナム南部の人気料理で、お味噌に付けて食べると美味しい。¥660/熱湯でサッと火を通したレア肉がのった牛肉フォー。付け合わせのもやしやバジル、レモン、唐辛子をたっぷりのせて。¥1,000
ココナッツミルクの中に、タピオカ、緑豆、寒天などを入れたかき氷のようなデザート。¥550

ハーブや野菜もたっぷりで美味しそう……! 日本人の好みに合わせて味を変えている外国料理のお店もあると思うのですが、ここは本場の味がしますね!

日本人の旦那さんと結婚したのを機に来日したのですが、ベトナムで出していた料理を日本でも続けたいなと思って出したお店なので、味は改良せずに現地と同じ味付けで作っています。だからか、実技技能生や留学生、出稼ぎで来日しているベトナム人などもよく来てくれますね。

フォーのスープは、牛肉のコクがしっかり染み出て美味しいですね〜。

添加物やスープの素は一切使わずに一から煮込んでいるので、体にもやさしくとてもフレッシュなんです! ベトナムではお昼はご飯ものを食べることが多いですが、朝と夜はフォーが定番です。

フォーのベースとなるスープは、牛骨を八角やシナモンと一緒に大きな鍋で6時間も煮るという。

ベトナムのような暑い気候の中で熱いフォーを食べるのは最高ですね。日本では好きな食べ物はありますか?

日本食はなんでも好きですが、寿司が大好きです! ベトナムでは魚をスープにするのが基本なのですが、日本に来てからは生魚をよく食べていますね。

異国の料理は初めて触れるときは驚きしかないですが、一度食べると好きになることって多いですよね。『THITHI』さんも、今でこそ日本人に愛される人気のお店ですが、オープン当初は大変なことはありましたか? 

今と比べたら日本のベトナム人人口も少なかったですし、ベトナム料理自体まだ馴染みがなくて、繁盛するまでに少し時間がかかりました。でも、一度来てくださったお客さんが気に入って口コミで広げてくださったりして、故郷の味が日本で受け入れられるのは嬉しいですね。

私も一口食べて、すぐに虜になっちゃいました。美味しいのはもちろんですが、ボリュームもあって、今度は大人数で遊びに行きたいと思います! 今日はありがとうございました!

お店は、雑居ビルの地下一階。開店前にお客さんが並んでいることもあるので、予約がおすすめ。

インフォメーション

THI THI

◯東京都大田区蒲田5-26-6 B1F ☎︎03・3731・1549 16:00〜22:00 月休

SHARE:

関連記事