PROMOTION

デートの日なに持ってく?

GANZO

2023年12月8日

朝起きて、コーヒーを淹れて、昨日買ったシナモンロールを頬張りながら考える。ハンカチに、ガムに、リップに……。待て待て、持っていくものも大事だけど、何に入れるかも同じくらい大事。革職人が一つずつつくる、日本が誇るレザーブランド〈ガンゾ〉で良いもの発見。

中央から時計回りに、ラムレザーの巾着 Sサイズ¥33,000、コードバンのコインケース¥36,300、天然のシボフレンチカーフの札バサミ¥26,400、フレンチカーフのキーケース¥29,700(すべてガンゾ/ガンゾ本店☎03·5774·6830)

古き良きジェントルな所作こそスマートじゃないか。

 すべてをササッと電子で済ませるのもスマートだけど、小銭入れから美しく出し入れする所作を体得すれば、もはやそれは個性だ。ブランドが生まれた1999年から〈GANZO〉がつくり続ける馬蹄型のコインケースは、国産の硬質なコードバンを使っている。使い込んでもへたらないから、美しい所作を磨くにはもってこいだし、手慣れた頃には良い味が出ている。

コードバンのコインケース¥36,300(ガンゾ)

クラッチバッグでもトートでもなく、巾着ってデートに良いかも。

 こちらはスペインの名門タンナー、リバ・キシャ社のラムレザーを使った新しいアイテム。ジャケットを着る日に、クラッチバッグは大人すぎるし、トートは子供っぽいなあって思うから、こういう品のある巾着はデートにぴったりだと思った。ラムレザーは柔らかくもハリがあり、気張りすぎてないかんじも良い。コードはクロムなめしの牛革を職人が編んでいて、細かいところまで格好いい。

ユーズドの’90s〈キートン〉のカシミヤジャケット¥132,000(シュール☎03·5468·5966) タートルネックセーター¥30,800(シェットランドウーレンコー)、スクールマフラー¥11,000(エーイークロージャー)、ブーツ¥64,900(サンダース/すべてグラストンベリーショールーム☎03·6231·0213) ユーズドのデニムパンツ¥7,700(プロップス ストア アネックス☎03·6455·5388)、コードバンのコインケース¥36,300(ガンゾ)

必要最低限の札束とカードが入れば、財布は薄いほうがいい。

 小銭入れの相棒はコンパクトでミニマルな財布だ。古典的なタイプは、カード類を携帯するには心もとないが、その点、〈GANZO〉の通称“札バサミ”なら、横のポケットにカードが4~5枚入る。これくらいが過不足なく、ベストだと思った。サイズはもちろんだが、フランスの名門タンナー、デュプイ社のフレンチカーフは柔らかで、ポケットの中でも良い意味で存在感がない。どこまでもシックだ。

天然のシボフレンチカーフの札バサミ¥26,400(ガンゾ)

ポケットでカチャカチャと鳴っているのはあんまり素敵じゃない。

 札バサミと同じく、フレンチカーフでできたキーポーチ。大型化する鍵に対応すべく、〈GANZO〉が発明した少し大ぶりな鍵入れだ。そもそも鍵入れって必要なの? なんて思うなかれ。ポケットで鍵がカチャカチャと音を鳴らすのはみっともないし、デートならなおさらガールフレンドの声に集中したい。丸みのあるフォルムは特徴的で、出かける前に鍵を探してあたふたすることもない。

フレンチカーフのキーケース¥29,700(ガンゾ)

インフォメーション

GANZO

ガンゾ本店 ☎03·5774·6830

Official Website
https://www.ganzo.ne.jp/