カルチャー

No.13 一度は見たことある懐かしの「キネティックバランサー」と詳細求むテリー・ジョンスンの「TJ gym」。

2023年2月27日

これDOW!?


cover design: Ken Kagami
narrator: Tomoe Miyake
photo: Hiroshi Nakamura
edit: Yu Kokubu

 最近買い物していますか? この番組は、POPEYE本誌ではあまり取り上げていないモノを中心に、POPEYE Webに関わる編集者らが最近購入したモノを持ち寄って雑談中のポッドキャスト番組です。新エピソードでは番組名『これDOW!?』にちなんで、「これDOWぞ!」という“プレゼント交換会”のような企画に挑戦中で、前編では1970〜1980年代のキネティックバランサーやテリー・ジョンスン氏のグッズ等について話しています。プレゼント交換、意外と楽しいですよ。ポッドキャストの視聴は以下のリンクから!

↓こちらの再生プレーヤーからも聴けます!

今回のこれDow!?

Item: Kinetic Balancer, Mini Flying Disc, Terry Johnson’s Boston Bag(TJ gym), Stuff Magazine, Giulio Paolini Announcement Card.

1970-80s Kinetic Balancer(Toromatsu)

キネティックバランサー
トロピカル松村さんがみんなにプレゼントしたのは、喫茶店の小窓付近やペンションの片隅、いや、なんなら実家にも置いてあった記憶があるようなないような「キネティックバランサー」という絶妙な置物。1970〜80年代製で外箱も雰囲気が良くて可愛いです。

1980s Mini Flying Disc(Toromatsu)

フライングディスク
手の平サイズのフライングディスクも合わせてプレゼント。右側は、文字を読む限り名刺としても活用されていたと想像できる。

Unknown Terry Johnson’s Boston Bag – TJ gym – (Yu Kokubu)

ボストンバッグ
コクブさんがアクティブなトロ松さんにプレゼントしたのはテリー・ジョンスンこと湯村輝彦さんがかつてどこかの企業とリリースしたと思われる詳細不明のジムバッグ(ご存知の方いたら教えてください!)。ロゴ、カラーリング、大容量なサイズ感、すべてがナイス!

1980s Stuff Magazine Art Direction by Teruhiko Yumura(Yu Kokubu)

湯村輝彦_STUFF MAGAZINE
コクブさんがジムバッグのおまけとして持参したのは、湯村輝彦さんがアートディレクターを務めていた「STUFF MAGAZINE」という大判の雑誌。古書店で見かける度にコツコツ買い集めていたそう。(株式会社東京オペレーションセンター/1982年〜)

1975s Giulio Paolini Announcement Card(Yu Kokubu)

ジュリオ・パオリーニのカード
コクブさんが井出さんにプレゼントしたのはアルテ・ポーヴェラの作家ジュリオ・パオリーニが1975年に「Galerie Art in Progress」(ミュンヘン)で開催した展覧会のアナウンスメントカード。こちらは表面。
ジュリオ・パオリーニのカード
裏面には、おそらく住所の間違いに気づいた郵便局員が手書きで訂正を入れている痕跡が。普段捨ててしまいがちなアナウンスメントカードやインヴィテーションカードなどもこういう予期せぬエラーのおかげで愛着が芽生えて捨てられない代物に。

– 出演者 –

プロフィール

トロピカル松村

とろぴかる・まつむら|1988年、兵庫県生まれ。編集ライター。70年代や80年代、クラシックなアクティビティ&スポーツに目がない。ジーンズ&スポーツを掲げるブランド『CRT』のディレクター。二子新地で小さなレコード店『トロピカルレコード』を運営。著書に『ボクのニッポンサーフィンサウンド』がある。

プロフィール

国分優

こくぶ・ゆう|POPEYE Webクリエイティブディレクター。本番組のナビゲーター。

プロフィール

井出幸亮

いで・こうすけ|1975年、大阪府生まれ。編集者。POPEYE Webシニアエディター。古今東西のアーツ&クラフツを扱う雑誌『Subsequence』(cubism inc.)編集長でもある。本誌『POPEYE』(マガジンハウス)、『工芸青花』(新潮社)などさまざまな媒体で編集・執筆活動中。主な編集仕事に『ズームイン! 服』(坂口恭平著/マガジンハウス)、『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』(新潮社)、『細野観光 1969-2021 細野晴臣デビュー50周年記念展オフィシャルカタログ』(朝日新聞社)など。著書に『アラスカへ行きたい』(新潮社、石塚元太良との共著)がある。

番組概要

これdow!? アートワーク

これDOW!?

『これDOW!?』は“モノ”の番組。POPEYE Web開設当初から『POP-EYE MEETING 編集会議』というのんきな雑談番組があるんだけど、そちらではあまり話せない趣味の話を中心に、スタッフらが本当に好きなものだけが詰め込められたサブチャンネル的立ち位置。主にはPOPEYE Webのクリエイティブチームを中心に、様々なゲストがモノを持ち寄り、モノの周りにモワ〜ンと漂う想い出話やこだわりなどについて雑談中。ときにはモノを作ってみたりもね。番組アートワークは現代美術作家の加賀美健さん、番組ナビゲーターはPOPEYE Webクリエイティブディレクターの国分優さん。他番組は以下より。

ピーター・バラカンのプロテスト・ソングあたりから始める政治の話。

POP-EYE MEETING 編集会議

山田ルイ53世の、あの頃のブックエンド。(ラジオ局ベイエフエムとのコラボ企画。)

どのみち毎日食べるから。by 土井光

BGM配信 TOWN TALK RADIO

映画監督・黒沢清と篠崎誠のホラー対談。

車で行こっか。Supported by KINTO

徹の部屋

岡宗秀吾のオカルト事件簿

まなびじゅつ

スモールアレイ・チャット