LIFESTYLE

世界の部屋から。 #8 / PARIS

理想の空間を求めて訪ねた世界8都市11部屋。第8回は、棚から寝室までDIYをしながらキャンプを楽しむ、パリの部屋からお届け。

2021.05.11(Tue)

photo: Mari Shimmura
illustration: Adrian Hogan
coordination: Masae Takanaka
text: Hiroko Yabuki

毎日がキャンプな期間限定マイホーム。

Jean-Pacôme Dedieu
Photographer / Video Artist

ジャン・パコム・デデュ|1978年、フランス・ブロア生まれ。10代からスタジオアシスタントとして経験を積み、『Dazed & Confused』で写真家デビュー。現在は広告を中心に手掛ける。

 パリのフォトグラファー、パコムが、かつては画家のアトリエだったという今の家に移り住んだのは1年前。SNSで「家求む!」とアピールした結果、運よく巡り合えたが、当時はだだっ広いシンプルなロフト。そこでテーブルや棚、寝室までDIYしながらゆる〜くコーナリング。「2年間の契約だから、期間限定のプロジェクトみたいなもの」と、日々改装を続けている。ちなみにパコム、実は腸詰め職人を目指すほどの料理上手なのだが、そもそもこの家はキッチンなし物件。「でもテーブルの上にカセットコンロを置けば十分事足りるし、アウトドア用のバーナーも使えるから問題ないさ。最低限のモノだけで、キャンプするみたいに身軽に暮らすのって、楽しいよ」。そう言いながら、お気に入りのホウロウ鍋でコトコト煮込む山羊肉は、お世辞抜きでウマい。人って僕らが思う以上に、シンプルに暮らせるんだな。味見の後の満足そうな表情を見て、ふとそんなことを思った。

Exterior

真っ白な外壁が目を引く、1970年代に建てられたモダニズム建築。現在はアーティスト専用の賃貸物件になっていて、他の部屋にはパコム同様自宅を仕事場としても使うクリエイターも入居している。

Living Room

家の主役はDIYしたダイニングテーブル。「コンロを置けば、立派なキッチン台に早変わりさ」。ギンガムチェックのクロスはパリ版日暮里繊維街「マルシェ・サン・ピエール」で。ソファとアート運搬用のカートにキャスターを付けたローテーブルは友達から譲り受けた。

Kitchen

白い棚はスパイスなどのストック用で、玄関スペースとの区切りでもある。壁の棚はキッチンツールや食材用。共に前の住人が残していった板を再利用した。
上右/野菜やハーブはワゴンに収納。上左/キャンプ用のバーナーでコーヒーを淹れる。スペインをバックパックで旅したときにアウトドアショップ『Deportes Ariadna』で買った。鍋はオーストリアの〈RIESS〉のホウロウ鍋を愛用。コンロは近所の韓国系スーパーで手に入れた。下/〈RIESS〉のプレートや鍋は結婚祝いの頂き物。
訪問時のランチに作ってくれた山羊肉と洋梨の煮込み、季節の野菜添え。簡易的な設備で作ったとは思えない本格的な味!

Atelier

Bathroom

シャワー派のパコムにとって、バスルームはシャワーブースと洗面台だけで十分。「食器や野菜を洗うのもここ。でも全然不便はないよ」
寝室のイメージは「小屋の中」。部屋の片隅をリサイクルの板で囲い、ベッドの周りにレースのカーテンを付けて天蓋風に。

House Layout

AREA パリ・13区
SPACE 
1ROOM 70㎡
REMARKS 古くは中華系移民、最近はアーティストが多く住むエ リア。1970年代築のビルで、家賃は1100ユーロとパリ中心地としては控えめ。あと1年弱住む予定。
SHARE: