TRIP

せっかく泊まるなら、このホテル。/森宿 山甌

2022.07.03(Sun)

photo: Naoto Date
text: Neo iida
2022年7月 903号初出

手作りの宿で過ごす、やんばるの夜。

まーるくラウンドした天井が異国情緒を醸す「ドームハウス」の室内。ベッドふたつにキッチン、バス、シャワーが付いて、外には新川川に注ぐ小川が。テレビとクーラーはあえて置いてないけど、自然が楽しいし夜は涼しいし、十分快適。

 やんばるの森で眠ってみたい。そんな贅沢な願いを叶えてくれるのが、国頭郡東村にある「森宿 山甌」だ。鬱蒼とした木々に囲まれた敷地には、真っ白な「ドームハウス」、オープンキッチン付きの「森の家」のふたつの宿泊棟。一体どこの建築家が? と思ったら、なんとオーナーの安次嶺現達さんの手作り! 石や赤土、墨汁などの自然素材を使い、森とひと続きの風通しのいい空間を完成させたんだそう。「昨日と今日でやりたいことは違うでしょう」と設計図はナシ。自由な造りで居心地がいい。外の薪風呂は奥さまの雪音さんが「実家がずっとこれだったんです。芯から温まりますよ」と推すゴエモン風呂。川のせせらぎを聞きながら湯に浸かるって最高だ。備え付けのキッチンで調理してテラスで食べたら、ウインナーでも卵焼きでもごちそうだ。もちろん『パーラーやまがめ』でカレーを食べるもよし。5月から11月は夜に蛍が飛び交うそうだから電気を消して寝よう。

山道をずんずん進むと現れる山甌の滝。空気が澄んで神々しい。

インフォメーション

森宿 山甌

◯国頭郡東村高江86 ☎︎098·043·2624 ドームハウス素泊まり1泊¥16,000〜(1室2人料金)、
森の家素泊まり1泊¥17,000〜(1室2人料金、4人まで宿泊可) 朝食付きプランもあり。
『パーラーやまがめ』は木〜土11:00〜16:00のみ営業※10月以降は冬季休業


Official Website
www.mco.ne.jp/~yamagame/

SHARE: