FOOD

11月のフードカレンダー

今月食べたい旬の料理8皿。

2021.11.12(Fri)

photo: Naoto Date
text: Shoko Yoshida

食材に食べ頃があるように、新発売や期間限定メニューなど、街の中にはその時期にしか食べられない旬の料理が溢れている。11月は、この8皿!

アメリカンホームクッキング

カンザス州出身の姉弟が、家族のレシピをもとに振る舞ってくれるアメリカの家庭料理の店『RoJean』が今月21日にオープン。アメリカンビスケットにソーセージ入りホワイトソースのかかったアメリカ南部の定番朝ごはん(金曜日限定)や、超スイートなピーナッツバターパイなど、リアルマザーテイストが味わえるお店。ジャンクなイメージが強いアメリカンフードだけど、彼らの思い出が詰まった故郷の味は素朴で優しさに満ちている。

インフォメーション

RoJean

コロラド州に住むおじさんが30年ほど前に作った味のある食器や、カンザス州にいるグランマと手作りしたナプキンなど、備品も“ホームメイド”。


世田谷区北沢1-9-2  ︎☎︎なし 木〜日8:00-15:00 月火水休(変更可能性あり)

チャオ カイ サテとチェーチュオイのセット

¥1,480

食べ過ぎて胃を休めたくなった時は、ベトナムローカルフード店『Chè 333』でチャオとチェーチュオイを。チャオとはお粥、チェーチュオイはぜんざい風デザートのこと。レモングラスと干し海老のベトナム風食べるラー油、そしてハーブで爽やかに味付けされた鶏だし中華粥と、ココナッツミルクとバナナが入ったほんのり甘くて温かいデザートを食べたら寒い冬もなんとかなる。

インフォメーション

Chè 333

店名の333は「バーバーバー」と読み、ベトナムで幸運を意味する数字。ベトナム製の器は併設の雑貨店『333』で購入可能。チャオとチェーチュオイのセットは冬季限定。終了時期は未定。

目黒区鷹番3-18-3 ☎︎03・6412・8866 11:00-20:00(LO19:30) 水休

カキフライとカキバター焼き

近隣のサラリーマンと上智大生が列をなす名店『かつれつ四谷たけだ』。ここの冬季限定カキメニューがとにかく旨い。岩手県大船渡産の肉厚ジューシーなカキに、特高級パン粉を使った衣がサックサクのカキフライ。お店特製の甘辛ステーキソースで味付けし、表面はパリッと香ばしいカキバター焼き。どちらも捨て難いので2日行って両方食べよう。

インフォメーション

かつれつ四谷たけだ

300円で味噌汁とライス付きの定食に変更可能。カキは小さければ個数を増やしてくれる。優しい。カキフライ、カキバター焼きは、それぞれ来年4月末までの予定。

新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1F ☎︎03・3357・6004 11:00-15:00、17:00-20:00 日休

牡蠣のクリームパスタ

¥1,800

旬の牡蠣をまだまだ色々な料理で味わいたい。スパゲッティなら『SPAGO』の牡蠣のクリームパスタ。1983年の創業当時から愛されてきた一品で、隠し味の昆布茶が牡蠣本来の旨味を引き立てまくり。太麺で食べ応えも抜群だし、今年の広島県産の牡蠣は特に大粒でボリューミーだとか。明日行こう。

インフォメーション

SPAGO

クリームだけでなく、醤油ベース、トマトベース、辛いトマトベースも注文可能。その日の気分で色々試したい。メニュー終了は3月頃を予定。


渋谷区神宮前2-35-9 ☎︎03・3497・0721 11:30-21:00 日休

SHARE: