LIFESTYLE

芦沢一洋さんとアーバン・アウトドア・ライフ。

2021.09.27(Mon)

photo: Nagahide Takano(product)
text: Shogo Kawabata

日本で初めてのアウトドア・ライターであり、「アーバン・アウトドア・ライフ」の提唱者でもある芦沢一洋さんとはどんな人だったのか?

 著書『アーバン・アウトドア・ライフ』で、自宅の庭や公園での野草や野鳥の観察、週末のワンデイハイクなど、都市を拠点としながら身近な自然を楽しむ方法を教えてくれた芦沢さん。それは、まだアウトドアカルチャーの根付いてなかった当時の日本の人々へ種蒔きのようなものだったのかもしれない。

「ダウンジャケットなんか誰も着ていない時代だったから、父に着せられたダウンで学校へ行くと『ゴリラみたい!』とからかわれるのがイヤだった」

 芦沢さん宅に昔の写真を借りに伺った際、娘さんが懐かしい昔話を教えてくれた。そんな時代に書かれた本なのに、今読んでもまったく古さを感じさせず、スッと頭に入ってくるのは、芦沢さんの蒔いた種がいろいろなところで芽を出しているからだろう。

芦沢さんが暮らした世田谷の家。ウッドデッキがある庭でテントやタープを張って楽しんだ。『バックパッキング入門』のギア紹介の写真も多くはこの庭で撮影されている。

 もともとは雑誌のレイアウトマンとしてキャリアをスタートさせ、マガジンハウスでは『平凡パンチ』のレイアウトを長きにわたって担当。初期の『ポパイ』ではライターとして海外の最新のバックパッキング事情などを寄稿していた大先輩でもあった。当時、『平凡パンチ』で芦沢さんと仕事を共にしたライターの寺崎央さんは、当時の芦沢さんのことをこんなふうに教えてくれた。

「80ページくらいのレイアウトも一晩で済ませてしまい、スッと帰ってしまう。学生時代から三大写真誌と言われていた『フォトアート』のレイアウトを手伝っていたから、特に写真の扱いは上手だった。当時は黒スーツにセルフレームの黒メガネという野坂昭如や野末陳平のようなスタイルだったから、まさか数年後に本業をなげうってアウトドア・ライターになろうとしているとは思わなかったね」

カメラ片手に高尾山でのワンデイハイクを楽しむ。もともとはカメラマン志望だった。

 プライベートでの付き合いが深くなってからは、芦沢さんに影響された編集者やカメラマンたちと仕事そっちのけで毎週のように川へと出かけた。

「まだアウトドアショップなんてなかったから、横須賀や上野で米軍払い下げの背嚢や編み上げブーツを買って揃えた道具を持ってね。だけど芦沢さんだけは、どこからか手に入れたアメリカのフィッシングウェアをビシッと着こなしていた。とにかく格好よかったよ。でもね、『魚に気配を察せられてはいけないから、みんな姿勢を低くして静かに川へ近づくんだ』なんて言いながら茂みへと入っていく芦沢センセイの後をついていくと、『うわーーっ!』と大声をあげて真っ先に転ぶのは芦沢さんなんだよ。とてもチャーミングな人でもあったな。『バックパッキング入門』など初期の著作では真面目な性格が出て、ずいぶん求道者的な人と思われてるかもしれないけれど、本当は原野を様々に楽しんだ〝道楽男〟というのが正しいんじゃないかな」

カリカリに焼いたベーコンと、レタス、トマトをトーストにはさんでかぶりつくBLTサンド。実利を兼ね備えたひとり歩きの野外食が、いつの間にか一番の好物に。

 当時の『平凡パンチ』『ポパイ』の編集長であったマガジンハウス最高顧問の木滑良久にとっても、深く印象に残る人物だった。

「あーさんは、いつも上等なものを着てるんだよ。ベルトなんかもまったく気を抜かずにね。それなのに『俺は高級な服を着てるぞ!』といういやらしさを感じさせない、本当の意味でお洒落で格好いい人だった。『ポパイ』も初期の頃はたまに原稿を書いてくれていたんだけどね。ロードレーサーで颯爽とやってきてさ。でも、『ポパイ』編集部はあんまり好きじゃなかったんじゃないかな。いつもうるさい音楽が鳴っていて、軽薄な男もたくさん出入りする落ち着かない場所だったから(笑)。そんな時代の中で、ひとり透き通った清々しい佇まいをしていた人。最近、ニューヨークなんかで盛んな〝スペンドシフト〟っていう、極力所有物を減らして、信頼できるものだけにお金を使う、ってムーブメントがあるでしょ? この話を聞いたとき、『あ、これはあーさんのことだな』って思ったね。今の若者たちが憧れるのも、すごくよくわかるよ」

世田谷区民健康村に残る芦沢コレクション。

芦沢さんをもっとよく知るための主な著作集。

プロフィール

芦沢一洋

あしざわ・かずひろ|1938〜1996年。『バックパッキング入門』をはじめとした著作やコリン・フレッチャーの『遊歩大全』の訳者としても知られ、日本初のアウトドア・ライターとして、バックパッキングカルチャーを日本に紹介した第一人者。

ムック本『僕たちはこんな本を読んできた』発売中!
SHARE:

ピックアップ