CULTURE

「北東北の」実用逸品!Vol.10

岡部文彦/山のスタイリスト

2022.11.25(Fri)

photo: Akiko Sato
text: Fumihiko Okabe
edit: Masaru Tatsuki

岡部文彦 きこり見習い 現在岩手県岩泉町在住 1976年、岩手県小岩井生まれ

帽子を被らない日が無いほど帽子が好き! というよりは、被って出掛けないといけない! みたいな義務感の方が強いような気がして、毎日被っている。

被らないで出掛けると、ノーパンで外出してしまったのと同じレベルの絶望感に陥るほどの衝撃で….なんて言い過ぎか。

そんな自分が、こっち(岩手)に移住して、すごく気にかけたのが帽子であった。都会的な格好は田舎の風景には馴染まない。ただ単に目立つというのもあるが、やはり、都会的なファッションは田舎の世間では浮いてしまうのだ。

ニューエラなんて、ほんと似合わない。自分がおっさんになっちまったから似合わない、じゃなくって、町に溶け込まないのだ。異物感。大好きなシルクハットなんて、もちろん被れるわけがない。もう浮きまくりの極みなのである。

で、色々悩んだ末に、古着屋でセールカゴで売ってるような、どこかのよく分からない、やつれた企業ロゴキャップみたいなものを被って過ごしていると、案の定、馴染むわけである。自然と地元の爺さま婆さまにも声かけてもらいやすくなるのだ。確実によく馴染むのだけど、やっぱりお気に入りにはなれない。カッコつけるのが大好きな自分にはグッと来ないのである。

で、思いついたのが、農協キャップ。

確実に、地元の爺様がよく被っている、完璧に同類になれる、あの紐付きのやつ。サイドに〇〇農業組合とか電話番号とか刺繍されてる、あのキャップが被りたい。でもなかなか売っていないし、メルカリでも結構な金額がついている。縁もゆかりもないその土地の農協キャップを被るのもなんか気が乗らなくって。

じゃあっつうことで、自分自身で作ってみることに決めた。

で、岩手に来てから、ちょっとした趣味の一つである、牧草地探しをとある団体に見せかけて、サイドに刺繍して、より農協感を演出。

真面目に、これ被ると本当に田舎に馴染むのだ。違和感がなくなる魔法の〈INACAP〉。

SHARE: