LIFESTYLE

「北東北の」実用逸品!

岡部文彦/木こり見習い

2022.04.25(Mon)

text: Fumihiko Okabe
edit: Masaru Tatsuki

岡部文彦 山のスタイリスト 現在岩手県岩泉町在住 1976年、岩手県小岩井生まれ

日本の竹細工が好きで、中でも市場カゴは東京に暮らしてた頃から愛用しているお気に入り。麦わら帽子なんかと合わせて、粋がって田園都市線に乗っていました。編み細工のバッグって、女性には人気だけど、野郎が持ち歩いてるのはあんまり見かけたことがない。けど、野郎が持ってたってカッコいいのが市場カゴだと思う。

江戸っ子な板前さんだって、これ持って築地なんかに食材仕入れに行ってたわけだし。
だから、”市場”なカゴな訳で、築地の場外市場や合羽橋で売っているのをよく見かけてたのも納得。そんな市場カゴが、実は我が地元、岩手県は一戸町の伝統工芸品なのだって知った時には余計に嬉しかったもんです。

なんでもつっこんで持ち運べて、気楽な使い勝手がいい。
小っちゃいのは日常的に使用。役場に行く時も、林業現場に行く時にも、
弁当とか水筒とかタバコ入れて、軽トラの助手席に鎮座させて…..。

旅行に行く時は大きいやつに下着とか洗面道具をガサっと適当に突っ込んで出かけるし。
キャンプでも使えるし、ゴミ箱みたいにポイポイ入れられる気楽なバッグってのがいい。
勝手に市場KARGOと名付けて喜んでいる。
田舎の風景に良く馴染むバッグ。
でも都会でこそ、最もかっこよく見栄る粋なバッグ…だと思う。

プロフィール

岡部文彦

おかべ・ふみひこ|山のスタイリスト。ファッションスタイリスト時代からの庭師見習いを経て、現在の興味は山へ。webショップ「ホームセンターバリカンズ」の店主、農園芸作業着「ハーベスタ!ハビコル」開発の為に林業現場を体感中。

Official Website
https://www.vallicans.com
http://www.harvesta.net
SHARE: