トリップ

特集「僕の熱帯アジアひとり旅」

NO.928

僕の熱帯アジアひとり旅

2024年7月8日

 やっと海外旅行に行けるようになったと思ったら、物価高に円安と、ハードルが随分上がってしまった。でもアジアならまだまだ大丈夫、いや、アジアにこそ今行きたいんだ。ひと昔前と違いエキゾチックを楽しむだけじゃない、音楽やファッションはじめ各国のユースカルチャーが盛り上がってきている。清濁あわせ飲むアジアのカオスを、未知なる出会いを求め、バックパックひとつで渡り歩くのは20代の特権でもある。まだ海外旅行をしたことのないキミ、いよいよ日本を飛び出すときがやってきたぞ。

僕のアジア孤独旅 〜旅嫌いな60日間〜 古舘佑太郎

 2024年の春、ひとりのシティボーイが放浪の旅に出た。彼の名は、古舘佑太郎。音楽も芝居もいったんかなぐり捨て、9つの異国を歩き続けた記録。

すでに帰りたい羽田空港にて。

タイ・バンコク 共同宿。バックパッカー達の靴の脱ぎっぷり。僕のはどこ!?

カンボジア・プノンペン 初めての寝台バス。変な照明で一睡もできずに国境へ到着。

ベトナム・ニャチャン 鉄道にて現地の優しくてカワイイお姉さんと仲良くなった!

ラオス・ビエンチャン 三脚を立ててのタイマー撮影にもだいぶ慣れてきた。

バングラデシュ・ダッカ 南アジアに入った途端、雰囲気が変わってビビりまくる。

ネパール・カトマンズ 旅の目的地だったカトマンズも、結局通過点に。

ネパール - インド・国境 誕生日の日に国境沿いで入国拒否!バスから置きざりに…。

ネパール – インド・国境 誕生日の日に国境沿いで入国拒否!バスから置きざりに…。

インド・バラナシ ガンジス川への沐浴!!この解放感と達成感はなんなんだ…!

インド・バラナシ ガンジス川への沐浴!!この解放感と達成感はなんなんだ…!

インド・プリー 何十時間の鉄道旅にも慣れてきた。孤独も悪くない。

僕の熱帯アジアひとり旅

 タイ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、モンゴル。今回は編集部のメンバー5人が、それぞれ初めての国・街を旅してきた。そもそも海外に行ったことがない初心者も。予期せぬアレコレに頭は沸騰しっぱなしだった。でも、日常に戻った今でも、同じ時間に彼の地にはあの光景があると想像すると胸がグッと熱くなる。人生において、ふとしたときにそういうことを思い浮かべられるか否かは、意外と大きな違いなのかもしれないよ。

タイ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、モンゴル。5つのひとり旅のページ、それぞれのトップカットを並べてみました。特集には他にも、思い返すとまたすぐ行きたくなるシーンばかり!

Five weeks before I left for my trip
僕が旅に出るまでの5週間。

 残念ながらアジア・現地取材のメンバー入りは叶わなかった駆け出しのライターが、この夏、思い切って飛び立つ決心をした! 海外未経験ながら、準備を着々と整えていく5週間の物語。先輩の話、パッキング術、旅への気分が盛り上がる本や映画、日本で味わえる彼の国・本場の味、人生観は変わるのか? などなど。

これさえ読めば、準備万端!

インフォメーション

特集「僕の熱帯アジアひとり旅」

POPEYE2024年8月号「僕の熱帯アジアひとり旅」

おいしいご飯と刺激的なユースカルチャーを求め、熱気がみなぎるアジアを旅しよう。タイ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、モンゴルほか。