ファッション

Skater’s Travel Style in TOKYO

Caleb Barnett

2023年1月27日

photo: Takeshi Abe
text: Koji Toyoda
2023年2月 910号初出

NYから東京にはるばるやって来たスケーターは、
旅先に何を携え、どう過ごしているのか?

Caleb Barnett
25/Skater

Shirt – used (L.L.Bean)
T-Shirt – Pro Club
Pants Supreme
Shoes used (Polo Ralph Lauren)
Eyewear vintage (Cartier)

Caleb Barnett
ケイレブは、シックなスケートスタイルと同じく、洋服もベーシックがお好き。〈L.L.ビーン〉や〈ポロ ラルフ ローレン〉の古着を中心に、〈ホッケー〉や〈シュプリーム〉のアイテムを合わせる。時折、メゾンやモードを差すことも。

 彼の名は、ケイレブ・バーネット。〈ホッケー〉や〈シュプリーム〉からスポンサードされるプロスケーターであり、あのブラッド・オレンジのMVにちゃっかり登場する、NYスケート界きってのカルチャースターだ。そんなケイレブは、とにかくファッションが大好き。今回は〈シュプリーム〉のニュービデオの発表会のために東京に来たんだけど、弾丸ツアーにもかかわらず、靴は2足持ってくる始末(笑)。「いつもは靴3〜4足、洋服も4〜5ルックは持ってくるよ。でも、今回は東京のお店でショッピングを楽しみたいからミニマムにしたんだ。まずは〈モンクレール〉のヴィンテージをディグる予定」。洋服の他にスーツケースにパッキングされるのは、大量のグルーミング用品に、趣味でスピットするラップ用の録音機材など。たとえ旅先でも自宅にいるときと変わらず、人生を目いっぱい楽しむのがケイレブ流。見習いたいね。

Caleb’s Standard

〈ポロ ラルフ ローレン〉の靴
洋服と同じく、靴や小物もタフでシックなものを選ぶ。シューズは、eBayで買った’90年代〈ポロ ラルフ ローレン〉のハンティングもの。

Diggin TOKYO

Packing

Grooming

化粧品類
〈ル ラボ〉のフレグランスに、LAのホームメイドスキンケアブランド〈ボディ バター レディ〉のボディバター、〈アクアフォール〉のリップクリーム、ビアード専用ブラシなどなど。ホテルの部屋には、自宅の洗面所ばりにお気に入りのグルーミング用品をずらりと並べる。意外と繊細な肌質らしく、「エブリデイオイル」や〈イソップ〉の保湿クリームは特に欠かせないそう。

SOUTH SIDE Hair Style

ドレッドヘア
個性的な髪型は、アメリカ南部発祥の“WICKS”と呼ばれるドレッドヘア。フロリダのラッパー、コダック・ブラックと同じやつだ。

Travel in TOKYO

Down Jacket – Stone Island
Pants – Dickies「874」
Shoes – Nike「Air Jordan 9 Retro Boot」
Cap – no brand
Bag – Manhattan Portage

Caleb Barnett
ケイレブにとって冬に欠かせないアウターは、ダウンジャケット。今年は買ったばかりの〈ストーンアイランド〉の一着がお気に入りだそう。全体の色味は、アーシーなトーンでまとめるのがケイレブ・スタイルだ。

Recording in TOKYO

〈オーディオテクニカ〉のマイク
実は、lil tut名義でラッパーとしても活動するケイレブ。旅先でもリリックが浮かべば、曲を録りためておきたいらしく、〈オーディオテクニカ〉のマイクなどの録音機材は必須アイテム。SoundCloud(同名ラッパーもいるので、lil tutで検索)には数曲アップされているので、ぜひ聴いてみて。いつかポパイのことをラップしてくれたら嬉しいなぁ。