TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
LIFESTYLE

【#3】荒唐無稽な話なんですが、僕はこんな事を考えるのが好きみたいです

2022.03.24(Thu)

子供の頃に馬が人間の言葉をしゃべるアメリカのテレビドラマがあったけど、今でも忘れていないのはそんなことが実際にあったら楽しいだろうなって思えるからかな。犬の感情はとてもわかりやすい。

大好きな人がいなくなった時の寂しそうな声は思わず自分が小さい頃に家族で行った海で迷子になった事をを思い出してしまう。ボールを口にくわえた時には鬼ごっこのように走り回ってとても楽しそうだ。大好きな人が側に2人いたら2人の膝の上を行ったり来たり。嬉しい気持ちがよくわかる。

鳥の感情はあまり理解できないけど彼等は歌うし、オウムのように人間の言葉をしゃべる鳥もいる。犬がオウムのように人間の言葉をしゃべるテクニックを手に入れたら、、、あの子供の頃に観たドラマが現実になるのだろうか。

プロフィール

鈴木茂

すずき・しげる | 1951年、東京都生まれ。ギタリスト。1969年「はっぴいえんど」に加入。解散後は、単身L.A.に渡りソロアルバム「BAND WAGON」を完成。帰国後、アルバムリリースに合わせ「鈴木茂&ハックルバック」を結成し、全国ツアーを行う。その後「ティン・パン・アレー」のメンバーとして数多くのセッション活動を重ね、ソロとしても7枚のアルバムを発表するかたわら、スタジオワーク、LIVEサポート、アレンジャー、プロデューサーとしても活躍。2021年には、小原 礼、鈴木 茂、林立夫、松任谷正隆の4名で「SKYE」を結成しソロ活動と共に精力的に活動中。
SHARE: