FASHION

BOTTEGA VENETAのバッグ/プレゼントをLOVE STORYに。

この冬はどんなプレゼントを贈ろうか。

2021.12.22(Wed)

photo: Yuki Kumagai
styling: Setsuko Morigami
hair & make: Rumi Hirose
illustration: Jun Takahashi
edit: Ryoko Iino
2021年1月 897号初出

この冬はどんなプレゼントを贈ろうか、こっそり悩む12月が始まった。ガールフレンドが喜んでくれるものを選ぶのは絶対だけれど、どうやって贈るかも、けっこう大事だ。プレゼントは本来、気持ちを伝えるものだからね。そう、プレゼントをラブストーリーにするつもりで。

BOTTEGA VENETAのピラミッド型のバッグ。

右から、バッグ¥99,000、バッグ¥74,800(ともにボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン☎0120·60·1966) セーター¥26,400(アラン ペイン/真下商事☎03·6412·7081)

最近のシティガールは、この〈ボッテガ・ヴェネタ〉の眩いグリーンの袋を見るだけで胸が高鳴るらしい。さらにそこから現れたのが、このぬいぐるみのように愛らしいバッグだったら最高だと思う。ピラミッド型のミニバッグはほわほわのシープスキン。カラーはクリーム色のテディと、ポップなロリポップ。ガールフレンドに似合う色を選ぼう。ちょっと小さいか? なんて思うのは野暮。シティガールはお気に入りのバッグのためならば、そりゃちょっと時間はかかるかもしれないけど、持ち物を減らそうと頑張ってくれるはず。


ラブストーリーを参考に
Think about gifting. 

プレゼントをデザートに。
from  『デート・ウィズ・ドリュー』 (2004年)

ドリュー・バリモアの大ファンであるブライアン・ハーズリンガーという一人の男が、クイズ番組で得た賞金を使ってドリューとのデートを目指すという少々ぶっ飛んだドキュメンタリー映画。いきなりネタバレで申し訳ないが、最終的にブライアンはドリューとのランチデートを実現。彼女が好きなデイジーの花と贈り物を携えて向かうと、ドリューも彼にギフトを用意してくれていた。「今開ける? 後にする?」とブライアンが尋ねると「デザートみたいな締めくくりよ」とドリュー。食事を終えた別れ際、プレゼントをいざ開封すると、中身はお互いに欲しかったもの。まさに最高の締めくくりでデートは幕を閉じた。開けるまでのドキドキを楽しむのもいいね。

SHARE: