TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
FASHION

【#4】アバウト・テニス

2021.12.08(Wed)


text & photo: Nikolaj Hansson
translation: Catherine Lealand

 ビョルン・ボルグとジョン・マッケンローの象徴的な戦いは、私が初めて見たテニスの試合のひとつです。パンデミックが始まったばかりの頃で、コペンハーゲンの人々は皆、自宅で仕事をしていました。テニスに興味を持っていた私は、それに関するあらゆることを読んだり、見たり、調べたりして、テニス文化のうさぎの穴に落ちていきました。この試合もその一つ。自宅で仕事をしていたので、最初の2、3分はバックグラウンドで再生していましたが、その後はパソコンを片付けて3時間半もの長い”休憩”を取り、ボルグとマッケンローが試合に持ち込んだ強烈さに魅了されました。この試合で驚くべき点は、ボルグがウィンブルドンで5連勝したこと、ボルグにとって最後のウィンブルドンのトロフィーとなりマッケンローの支配が始まったこと、マッケンローがウィンブルドンの保守的な観客の心をつかむことができたこと、そして最後に、20分のタイブレークでボルグが18対16で勝ったという信じられない偉業を成し遂げたこと。40年経った今でも、見ていて爽快な気分になりました。

 ニック・キリオスは私のお気に入りの選手です。残忍なサーブ、絶え間ない動き、ゲーム全体に対する妥協のないアプローチ、そして自分の思い通りにプレーすることへのこだわり。彼はこれまで見てきた中で最も面白い選手の一人と言っても過言ではありません。このナダルとの試合は特にお気に入り。4セットで3時間も戦い、タイブレークで終わったのですが、キリオスは試合中、ナダルのお腹を殴ったり、脇腹にサーブを当てたりしていました。

 マッケンローとチェコの伝説的プレーヤー、イワン・レンドルとの試合も歴史に残る名勝負です。衣装の奇抜さもさることながら、私がこの試合を観戦していて特に気に入っているのは、解説者がおらず、コート・フィリップ・シャトリエで行われている音だけが聞こえてくることです。そして、マッケンローが最高のテニスをしたにもかかわらず負けてしまったという事実が、全体に悲痛な詩のような雰囲気を醸し出しているのです。

プロフィール

Nikolaj Hansson

ニコライ・ハンソン|デンマーク生まれ。2021 年、クラシックなテニスウェアの上品さから着想を得た、現代的なメンズウェア ブランド 〈Palmes〉 を立ち上げた。

WEB
https://palmes.co/

Instagram
https://www.instagram.com/palmes.society/
SHARE: