FOOD

いま食べたい -青森県八戸市のおでんツブ

2021.09.29(Wed)

photo & text: Wakako Imagawa
edit: Masaru Tatsuki

この日獲れた「おでんツブ」は大体5キロくらい。
そのほかにも、タコ、カレイ、ほや、いしなぎ、など様々な魚種が掛かります。

「おでんツブ」が獲れたのは、八戸の大久喜漁港。沿岸漁業を中心に、約20隻の漁船が並ぶ穏やかな漁港である。2011年の東日本大震災時には、漁港内の神社に船が乗り上げるほどの被害があった。そしてその時破壊された鳥居の一部が、海流に乗って米ポートランドまで流され、再びこの場所に戻されるという出来事があった。そんな鳥居に守られたこの漁港には、ベテランから若い男、そして女性たちに至るまで、生き生きと働く地元の人々の姿がある。タコ、カレイ、ウニ、海藻など様々な魚種を扱うが、今回のテーマはその中でもどちらかというとマイナーな「(通称)おでんツブ」。子供の頃、八戸のおでんには必ず入っていた大きめのツブ貝で、ツブの中でも高級品である。

「専用のカゴに餌を仕掛けてツブ貝をとる。獲ってから市場に出すまで手間がかかる。1個ずつツブのケツを包丁で切って糞を出して綺麗にしてから、煮て、そして秤で重さを量って小分けにする。この糞を綺麗に取らないと、苦味や臭みの原因になる。身に黒い斑点があるのが新鮮な証拠」

茹でたてのおでんツブ
大久喜のタコ漁師・滝川健作さん

「おでんに入ってるのもうまいんだけど、オレは茹でたてのをそのまま食べるのが何よりうまいと思う。漁師の特権だな(笑)。ほら、それ食ってみ?さっきみたいに大きい鍋で15分、時々かましながら(かき混ぜながら)、煮過ぎないのがコツだな。俺の親父はいっつも煮過ぎんの(笑)。でも八戸の人なら、このツブが一番贅沢で美味しいって知ってるんじゃないかな。最近は高級品になったけどな」

八戸はイカやサバがとても有名ですが、この漁師の健作さんが獲るタコがまた絶品。「八戸のタコを一度食べた人は、他のタコは食べられなくなる!」というほど美味しいのです。そんな健作さんが、タコ漁の合間に獲っている魚のうちの一つがこの「おでんツブ」。沖から戻ってきてから、すぐその場で(船の上で)何百個ものツブのフンを出す作業を黙々と続けます。そしてすぐに自宅に持ち帰り、鍋に湯を沸かして15分。その茹でたてが絶品で、何個もつまみ食いさせてもらいました(笑)。魚をとる知恵もさることながら、いかに美味しく食べるかを知っている漁師のかっこよさ。皆さんに、この隠れた逸品「おでんツブ」の背景に、こんな漁師さんの姿があることを知ってほしいです。(取材者談)

「今かねえば(食わないと)わがねーど(だめだぞ)!」

SHARE:

ピックアップ