TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
FASHION

【#3】ファッションがテーマ。

2021.03.22(Mon)

ファッションをテーマに、という依頼でしたので、この企画への参加を決める前にしばらく考えなければなりませんでした。私は、ファッションに携わる人間であるが故に、それに対する表立った批評は禁じられるべきだと信じていました。私は自分たちの作った洋服を通して提案をする立場にあるので、この分野において他の誰かのやっていることに対してなにかを言う必要があるのでしょうか。

なので、ファッションについては「誰々がいい服を作れる」とか「フレアを流行されるための陰謀が嫌い」など、個人的な意見を入れず間接的に書こうと思っています。 正直なところ、ファッションについてはあまりそのような考え方をしていませんが、私の意図を理解してもらえると幸いです。

同様に、私は常々自分の作ったものにコメントをすることを避けていて、「私がうまく言葉で説明することができれば、服は作る必要がないでしょう」というようなことを言っています。

そして、長い間全ての分野において、評論することは価値がないと避けてきたことに気づきました。

結局のところ、見たいものや聴きたいものにすぐにアクセスするのがとても簡単になった現代では、自分自身の意見は十分なガイドのようです。 指摘する必要はないかもしれませんが、いつの時代もそうだったわけではありません。忘れがちですが、iPhone用のYouTubeアプリは2012年までリリースされませんでした。

しかし、これらのコラムを書くことにより、私に再考させました。言いたいことに集中するためには音と画像の絶え間ない流れを遅くしなければなりませんでした。目の前を高速で通過しているものについての批評的な見方がなければ、それらの画像や音に対する立場は消費者としてでしかないでしょう。

そして最近、私に大きな印象を残した評論に遭遇する機会がありました。また、自分が住んでいる街をさらに詳しく見るようになったとも言えます。突然友人から、ロンドンに関して書かれたイアン・ネアンの本が送られてきました。ネアンはアウトローの様な建築評論家でした。知識は豊富でしたが、彼のアプローチは非常に個人的かつ情熱的すぎて、メインストリームで生き残ることはできませんでした。1966年に発行された本であるため、今では部分的にしか私たちが訪れることができないロンドンの話です。ただし、ネアンの場所についての執筆は、場所自体よりも面白いと想像できます。ロンドンの特殊的なイメージが出現します。タイトルのとおり「ネアンのロンドン」、彼のためだけに存在する場所の記述です。彼のように書くことが出来ればいいと思いながら!

残念!

I had to think for a while before I could agree to do this column because the request was for me to write about fashion. I have believed that, as a practitioner of ‘fashion’, I should be barred from public criticism of it. The argument is that - since I am in the position to make my suggestions of clothes to wear, why should I need to make any kind of statement about what someone else chooses to do in this field? So, I have tried to write about the fashion theme in an oblique way that hasn’t required me to give personal opinions: “I think so and so makes good clothes” or, “I hate this conspiracy to make flares happen” etc. Honestly, I don’t really even think about fashion like that, but you get my point, I hope.

Similarly, I usually avoid commentary on what I make, saying things like; “If I could describe it in a satisfying way there would be no need to make it”.

I came to realize that I have dismissed the value of most critical writing for a long time. After all, now that it’s so easy to access what you want to see or hear instantly, your own opinion seems enough of a guide.  It wasn’t always like this, of course – it’s easy to forget, but the YouTube app for iPhone was only released in 2012.

The act of writing these columns has made me re-think, though. In focusing on what to say I have had to slow down the constant stream of sounds and images. Without some kind of critical view on what’s speeding past what we are engaged in is just consumption, after all, I suppose.

Recently, I also had a chance encounter with a piece of criticism that left a big impression on me. I could also say that it has encouraged me to look more closely at the city I live in. Out of the blue, a friend sent me a copy of Ian Nairn’s book on London. (Unfortunately, it’s not available in Japanese translation, so far as I know.) It’s his assessment of all notable buildings and places in London. Nairn was a kind of outlaw architecture critic – highly knowledgeable, but too intensely personal and passionate in his approach to survive in the mainstream. It was published in 1966 – so, now it’s only partially about a London that any of us could visit. However, I can imagine that Nairn’s writing about places is more interesting that the places themselves.  A unique version of the city emerges - it is literally ‘Nairn’s London’ – he describes a place that exists only for him. It’d be great to write that well! Never mind.

プロフィール

トビー・フェルトウェル

〈C.E〉ディレクター。英国生まれ。96年より Mo’Wax RecordsにてA&Rを担当。03年より NIGO®の相談役としてA Bathing Ape®やBillionaire Boys Club/Ice Creamに携わる。05年に英国事務弁護士の資格を取得後、東京へ移住。11年、Skate Thing、Y.Hishiともに〈C.E〉を立ち上げる。
SHARE: