CULTURE

なぜアニソンが好きなの?/#1 サンダーキャットの場合。

LAの自宅を訪ね、アニソンの魅力を聞いた。

2021.07.12(Mon)

photo: Aya Muto
coordination & translation: Hashim Kotaro Bharoocha
text: Katsumi Watanabe
2021年8月 892号初出

ピカチュウカラーのベース、どう?

「日本のアニソンは世界基準」と、田中公平先生(本誌『そもそもアニソンって何だろう?』をチェック!)も話していたけれど、実際どんなものなのか? そんな折、新曲「Dragonball Durag」のMVで『ドラゴンボール』モチーフの服に身を包み、ダンスしながら熱唱するサンダーキャットの姿が飛び込んできた。

彼ならアメリカのアニソン事情にも詳しいハズ。さっそく連絡してみると、「そういう話ならうちにきなよ!」と、快く自宅に招いてくれた。あのグラミーアーティストが、まさか……である。

「アニメを観るときの定位置」というソファ上の壁には、サンダーが敬愛してやまない『エヴァ』のアスカ・ラングレーのタペストリーが堂々と。初公開の自宅には本やDVDに加え、『ポケモン』と『ドラゴンボール』を中心に、新旧様々なアニメのフィギュアやぬいぐるみ、家具類が随所にあり、相当のアニメ好きだとわかる。まさに生活の中心にアニメがあるのだ。ちなみにMVでかぶっていた『ドラゴンボール』柄のドゥーラグも2枚ここに。残すはあと5枚!

 部屋には『エヴァ』のアスカのキャップをかぶり、アニメグッズに埋もれた彼がいた。「30年くらい前、歯科医が治療のご褒美用にブレスレットを配っていて、そこには超かっこいい『ドラゴンボール』の絵柄が描かれてた。当時LAでは週1で朝6時から放送されてて、頑張って起きて観たよ。高校生になると、コミックショップでバイトを始め、店内で流れる『ストリートファイターⅡ MOVIE』と『劇場版 世紀末救世主伝説 北斗の拳』を観た。どちらも最高で、アニメの世界に引き込まれていったんだ」。と、アニメとの出合いを熱弁。

フィギアに紛れてグラミー賞のトロフィーが雑然と。
自宅は想像以上のオタクっぷりにビックリ(笑)。『エヴァ』初号機やケンシロウ、ボバ・フェットとジャンルレスな並びの中に、2つのグラミー賞トロフィーが雑然と並んでいて、しかもよく見ると台座にガンダムの頭部を付けてカスタム化されている。愛猫のトロンにはピッコロの道着を着せ、足にはゼニガメのタトゥーが。アニメ愛がすごい!

 で、アニソンはというと、「『ドラゴンボール』シリーズだと『でてこいとびきりZENKAIパワー!』のアンニュイなボーカルとファンキーなリズムは最高! それから『ストⅡ』の主題歌(『恋しさと せつなさと 心強さと』を口ずさむ)はカラオケでよく歌うね。ストーリーやキャラクターのトーンに合わせ、丁寧に作られたアニソンからは、メロディやハーモニーから制作陣のエモーションが伝わってくる。『犬夜叉』や『セーラームーン』など、テーマ曲や劇伴含め、トータルで好きな作品は山ほどある。なかでも渡辺信一郎監督作品は、アニメと音楽がリンクするよう意識しているのがわかる。音楽がいかに重要な役割を果たすのか、わかってるんじゃないかな? オレやlil uzi vertのようなラッパーは、アニメがインスピレーション源になってて、曲作りの際にも影響を受けている。アニソンは作曲のメソッドが素晴らしいからね。優れたOP曲ほど、90秒の中に作品の内容を凝縮しつつ、イントロやメロディはめちゃめちゃキャッチー。一度聴いたら忘れられない中毒性があるんだ。そんな曲を作りたいと常々思ってるよ」

オレのカラオケ十八番、聴いてよ!
THUNDERCAT'S FAVORITE ANISON

 音楽面だけでなく、昨今見受けられるアニメやオタク文化とストリートカルチャーの融合についての考えも語ってくれた。「オレはいつだってアニメを観て感動し、ファミコンやプレステで遊んできた。だから、この融合は自然な流れだと思う。オレ自身子供のままでいたいから、いつでも楽しみたくて、普段の着こなしにもアニメ要素を取り入れてきた。〈アンダーカバー〉が、『新世紀エヴァンゲリオン』とコラボしたジャケットなんて美術館でも展示できるくらいのアート作品だ。日本公演が延期になってしまったけど、日本へ行ったらすぐに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観たい。真のウォーリアーであるアスカの最後の勇姿を、見届けたいんだ!」

 世界中にはきっとこんな人がまだまだいるのだろうと、なんだか胸が熱くなった。

一生聴けるアニソン・シット!

「新旧含めて、大好きなアニソンを挙げてみたよ。『恋しさと〜』や『ムーンライト伝説』は、初めて聴いたときから好きで、今もカラオケで歌うんだよね。『峰不二子』みたいなクールなのもいいね。あらためてトラックリストにしようかな」

プロフィール

Thundercat

サンダーキャット|1984年、LA生まれ。音楽一家に生まれ、幼少期からベースを演奏。2011年のソロデビュー以降、4枚のアルバムを発表。最新作は『It Is What It Is』。

SHARE:

ピックアップ