TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
LIFESTYLE

【#3】筋肉ラッパー

2022.06.24(Fri)

筋肉ラッパー3人目は Ja Rule。

初めて聞いたJa Ruleの曲は2001年リリースの “Livin’ It Up” 

流行りましたね〜。

今でもこの曲のイントロが流れると興奮します。

この曲も収録されているアルバム “Pain Is Love”

2曲目のシングル “Always on Time ft. Ashanti”

この階段を降りるシーンの彼の背筋に、当時高3のヤンハス少年は食らってしまいました。

当時はインディゴのジーンズが主流の中、Ja Ruleが履きこなしていたライトブルーのジーンズがめちゃくちゃカッコよくて、同じ様な色のGirbaudのデニムを買いました。

そして、この頃からヒップホップシーンでBurberryが大流行するのですが、その火付け役になったであろうこのシーン。もちろんオレも真似してBurberryのハットを買いました。

そして、”Jennifer Lopez - I'm Real (Remix) ft. Ja Rule”

この片腕だけシャツを脱ぐスタイルは、もうみんな真似しましたね。

次のアルバム 2002リリースの “The Last Temptation” のジャケ。

背筋が光ってますね〜。

中ジャケ

しかしこの頃から #1 で紹介した 50 Cent にディスられて激しいbeefののち、Ja Ruleのピークは下がっていってしまいました。

プロフィール

YOUNG HASTLE

ヤング・ハッスル|中学3年生の時にキングギドラのアルバム『空からの力』に衝撃を受け、日本語ラップやヒップホップを聴き始める。 18歳よりラップ活動を始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を行い始める。 2010年6月に1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』でCDデビュー。 自身のトレードマークである "VネックTシャツ” 偏愛ソング 「V-NECK T」や、般若 & SHINGO★西成を客演に迎えた筋トレソング「Workout Remix」が大ヒットし、颯爽とシーンに登場。 日本人元祖筋肉ラッパー。5月16日に『HASTLE & FITNESS』をリリース。
SHARE: