CULTURE

遠野遥さんにインタビュー。【前編】

初の長編小説『教育』出来!

2022.01.17(Mon)

photo: Kazuharu Igarashi
text: Neo Iida

遠野遥さんの自身初となる長編小説『教育』が1月7日に発売された。舞台はとある全寮制の高等学校。生徒は監視下にあり、「1日3回以上オーガズムに達すると成績が上がりやすい」という方針のもと性行為が推奨され、4枚のカードから裏面の絵を当てるという超能力開発が行われている。生徒たちは成績を上げるべく、性行為に部活動にスポーツにと邁進。主人公も、友人でありセックス・パートナーである真夏や下級生らとの逢瀬を重ね、特進クラスを目指すのだった。笑いと恐怖が織りなすジャンルレスな作風に、『文藝』2021年秋号での発表直後から反響が続出したらしい。個性豊かな生徒たち、謎多き学園の実態、日常の一部となったセックス、超能力や催眠など、めくるめく展開に引き込まれてあっという間に読み終えてしまった。青春がまぶしく光る傍らで、影は色濃くなっていく。この魅惑の世界をどう描いたのか、遠野さんに話を聞いた。

警備員の元ネタは『デッド・バイ・デイライト』から。

――長さを感じずに一気に読んでしまい、なんともいえない読書体験でした。まず、どういう経緯で執筆をスタートされたのでしょうか。

「Perfume」の「Spending all my time 」のMVを観たのがきっかけです。制服のような衣装をきた3人がどうやら部屋に閉じ込められていて、手を触れずに物を浮かせたり壊したりと超能力の練習をしている。構成もまるでループしているようで、この雰囲気を小説にしたら面白いんじゃないかなと思ったんです。

――「Spending All My Time」は2012年の作品ですけれど、以前から構想はあったんですか?

前から知ってはいましたけど、小説的な関心を持ったのは確か一昨年だったと思います。超能力の練習をする目的がわからないから、想像力を掻き立てられる。そのミステリアスな雰囲気を含め書いてみたいなと思ったんです。カードの絵柄を当てるシーンから、どういう物語にしていこうかなと考えていきました。

――それが『教育』の舞台である、奇妙な学校生活につながっていくわけですね。

「Spending All My Time」を観る以前から、閉鎖的な空気感のある作品が好きでした。例えば綾辻行人さんの『Another』のように、街から出られないとか、学校や合宿先で事件が起きるとか、閉ざされた空間で何かが起こる物語が好きで。いつか自分でも書いてみたいと思っていました。

――遠野さんはゲームがお好きということで、以前「真夏のホラー大冒険特集(2021年9 月号)」でホラーゲームを紹介していただいたんですが、そのときに伺った『夜廻』も、まさに閉鎖的な夜の街を探索するゲームでしたね。

そうですね。今回は『デッド・バイ・デイライト』が投影されている部分が結構あります。キラー(殺人鬼)とサバイバー(生存者)のいずれかを選んで戦うバトルロイヤルゲームなんですけど、学校を巡回している警備員の島田のモデルになったのはレイスという殺人鬼です。背が高い島田が天井に頭がつかないように首を傾けているのは、レイスの首がかしいでいるから。

――ああ、確かにちょっと首を傾げてますね、レイス。

生徒を制圧するために棒で無表情で叩くのもレイスの動作と同じ。レイスの持つ怖さがモデルになっています。主人公たちは翻訳部に所属していて『ヴェロキラプトル』という小説を翻訳してるんですが、その作中に登場する“妻”がプレイしているゲームも、実は『デッド・バイ・デイライト』です。

――なるほど! 遠野さんも結構やり込んでいらっしゃるんですか?

私自身はプレイしていなくて、狩野英孝さんのYouTubeチャンネルの実況を延々観ています。『デッド・バイ・デイライト』だけで動画がパート1から100まであって、しかもどれも2時間くらいあるから、計200時間ぐらい観てるんですよね。それだけ好きなコンテンツだから、小説にも影響を及ぼしたんだと思います。

後編へ続く。

INFORMATION

『教育』

超能力の成績向上のため、学校推奨の「1日3回以上のオーガズム」を達成すべく鍛錬に励む私。ある日友達以上恋人未満の真夏から、「彼氏ができた」と告げられてしまう。芥川賞受賞後の第一作であり、初となる長編小説。¥1,760/河出書房新社

PROFILE

遠野遥

とおの・はるか|1991年、神奈川県生まれ。2019年に『改良』(河出書房新社)でデビューし、第56回文藝賞を受賞。2020年に『破局』(同)で第163回芥川龍之介賞を受賞。新作となる初の長編小説『教育』(同)が好評発売中。 

SHARE: