FASHION

I LOVE THIS KIND OF VINTAGE CLOTHING #1 SPENCER PHIPPS

2021.11.11(Thu)

photo: Mari Shimmura
coordination: Masae Takanaka
text: Keisuke Kagiwada
2021年12月 896号初出

果てなく広い古着の世界。人が変われば、古着の見方ももちろん変わる。
だから好きな古着の話は面白い

SPENCER PHIPPS 〈PHIPPS〉Designer

JACKET :Used
PARKA: Phipps
PANTS : Phipps
T-SHIRT : Used (PHIPPS GOLD LABEL VINTAGE )
CAP : Used (PHIPPS GOLD LABEL VINTAGE )
SHOES : Walmart

フリースは聞いたことのないイタリアの古いブランドのもので蚤の市で買った。俺が世界で一番好きな蚤の市はLAのローズボール。〈PHIPPS GOLD LABEL VINTAGE〉も出店したことがあるんだ。あと、ニューヨークで日本人が営んでいるヴィンテージショップ『Search & Destroy』もクレイジーで最高。

「古着の魅力は予測できないこと。アトリエの半地下には、俺が世界中でピックアップしてきた古着が山のようにストックされているんだ」

〈PHIPPS〉のデザイナーであるスペンサー・フィップスはそう語る。ファッション業界の過剰生産に歯止めをかけるべく、ヴィンテージアイテムのセレクトライン〈PHIPPS GOLD LABEL VINTAGE〉も手掛けているんだからそりゃ当然でしょ……と思うなかれ、仕事だけじゃなくプライベートでも古着フリークなのだ。

「今日着ているフリースのジャケットもアムステルダムの蚤の市で買ったものだよ。ノーブランドだけど、色と柄が最高だろ? 俺の場合、ブランドやうんちくにはこだわらない。デザインがイケてたら買うのみさ。15歳くらいから買い始めて今じゃ500着以上持っているTシャツだってそうだよ。コットンがUSA製だとか、襟のリブのステッチがどうだとか、チェックポイントがいろいろあるのは知っているけど、その手のヴィンテージとしての価値みたいなものは興味がないんだ。だって、柄がイケてて色がカッコよければそれで十分だろ?」


Cap & T-Shirt Collection

プロフィール

スペンサー・フィップス

1985年、アメリカ・サンフランシスコ生まれ。〈ドリス ヴァン ノッテン〉などを経て〈PHIPPS〉をスタート。2020年にはヴィンテージライン〈PHIPPS GOLD LABEL VINTAGE〉が始動。
SHARE: