CULTURE

ニューヨークの映画館は、〈スマイソン〉のダイアリーを手がかりに。

2021.11.02(Tue)

photo: Omi Tanaka
text: POPEYE

ムック本『好きな映画を観よう。』好評発売中!

購入はこちらから!

 海外の映画館について言えば、憧れるのはハリウッドよりもニューヨーク。そのひとつが『フィルムフォーラム』だ。国内外の新作インディペンデント映画も上映されるし、ヴェルナー・ヘルツォーク監督のドキュメンタリー作品も上映する。まさに硬軟織り交ぜて映画をかける、知的センス抜群の映画館だ。写真のとおり、夜のムードなんか1 2 0点。『ニューヨーカー』誌で知られるイラストレーター、マイラ・カルマンの絵がプリントされたオリジナルTシャツも最高。ニューヨークに旅行や出張で行って、こういった映画館で1本観るくらいの余裕が持てたら大人だ。他にもこの街には「サンシャインシネマ」「I F Cセンター」など素敵な映画館がたくさんある。クラシックなパネル式も多い。

 そんなニューヨークのカッコイイ映画館を知り抜いているとしか思えないアドレス帳が〈スマイソン〉のダイアリーに掲載されている。上記の他に、厳選6館。英国の〈スマイソン〉広報に問い合わせたところ、「英国王室関係者も愛用するスマイソンですから、それにふさわしい施設を、評論家やその道のプロとともに吟味して選定しています」と返答があった。さすが。ニューヨークの映画館は、英国のダイアリーを道標に。

現在2022年版発売中。パナマダイアリー¥8,600
SHARE: