TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
CULTURE

【#2】Live Magic

2021.10.14(Thu)

 2014年からぼくはLive Magicという小規模のフェスティヴァルの監修をしています。「フジロック」のように全く説明の必要のない存在になれば楽ですが、いまだに知る人ぞ知るものだと思います。そもそもぼくが80年代にテレビで司会をしていたThe Popper’s MTVという音楽ヴィデオ番組を見ていた方たちから声をかけてもらったことがきっかけでLive Magicが誕生しました。

 「ポッパーズ」では毎週、多くの視聴者が知らないミュージシャンのヴィデオを紹介していました。むしろその番組で紹介されて日本での知名度が上がったという例もあると思います。それはテレビの力です。Live Magicでも、日本の多くの音楽ファンにとって未知のミュージシャンを毎年招聘しています。2019年まで会場となっていた恵比寿ガーデン・ホールに足を運んでくれた方々は大変満足していましたが、テレビなどの大きなメディアの助けがないと広報活動でなかなか苦労するものです。

 これまでのLive Magicに出演した人たちに関してはhttps://www.livemagic.jp/ のページの一番下にスクロールしてもらうとHistoryと書いてあるところがあり、1回ごとにクリックすればその年のポスターが見られます。2020年はいうまでもなくコロナ禍のため普通に開催することはできませんでした。しかし、2016年から毎年大部分の演奏を映像に撮っていたので、過去の名演の中から選んだものを編集して、二日間オンラインで配信しました。そのアーカイヴがまだあるので、ぜひ見ていただければと思います。https://www.livemagic.jp/ のトップ・メニューからArchiveをクリックしてください。ただ、その期限は16日なので、早めにどうぞ!

 またそれとは別に、Live Magicの映像を撮影している制作会社629が持っているYouTubeのチャンネル https://www.youtube.com/c/BEATS629 の中にLive Magicの演奏を数多く紹介しています。

 あくまで一つの例ですが、2019年に出演してもらえた小坂忠の素晴らしい映像があります。忠さんのオリジナル曲2曲の他に、ぼくがどうしても彼に歌って欲しくてリクエストしたジミー・クリフの「Many Rivers To Cross」、Live Magicの貴重な思い出です。

 忠さんは今月17日にスペースシャワーTVの番組「The Great Artist-小坂忠」で 特集されるので、ぜひ見てください。それからもう一組、ほとんど知られていなかった2017年から準レギュラーとなった民謡クルセイダーズのこんな映像があります。

 ぼくがもしもオリンピックの開会式に関わっていたらまさにこのバンドを世界の人たちに紹介したかったな!2019年には国内よりも海外で話題になり出して、南米のコロンビアやヨーロッパでツアーをやって、オランダのフェスティヴァル「Le Guess Who」での演奏はイギリスのレーベルからライヴ・アルバムとして発表されたほどです。2020年はコロナ禍のためにライヴ活動ができなり、せっかくの勢いを生かせなかったのですが、Live Magicでは奄美大島の元ちとせとさんの共演のヴィデオを制作してもらいました。先ほど書いたアーカイヴでご覧いただけます。

 実は今年も民謡クルセイダーズはLive Magicに出演します。10月6日に開催したLive Magic Extraはもう終わりましたが、その演奏の一部を10月23日に行われるLive Magic 2021 Onlineで配信します。

今年の詳細はオフィシャル・サイトに掲載されていますが、各アーティストについて次回のコラムでも説明します。

プロフィール

ピーター・バラカン

1951年、ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。

著書に『Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤』(駒草出版)、『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ラジオのこちら側』(岩波新書、電子書籍だけ)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫、、電子書籍だけ)などがある。2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァルLive Magic(https://www.livemagic.jp/ )のキュレイターを務める。

ウェブサイトは http://peterbarakan.net
SHARE: