TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
CULTURE

[#2] シャーロック・ホームズ・ラブストーリー

2021.07.22(Thu)

はじめての海外旅行はもちろん、シャーロック・ホームズが暮らすロンドン、ベイカー街221B、(注:シャーロック・ホームズは架空の人物です)のはずでした。

なにしろ、シャーロック・ホームズを愛する人々にとっては、そここそが聖地なのですから。
しかしまだ十代の私が両親に連れられて出かけた先は、スイス、ライヘンバッハの滝でした。

そうです、シャーロック・ホームズがかの有名な悪漢モリアーティー教授と決闘し、滝壺に落ちて死んだ(が後によみがえった)、あの場所です。

しかもそれは、ロンドンのシャーロック・ホームズ協会主催のコスプレ大会旅行でありました。参加者全員が、シャーロック・ホームズの登場人物に扮し、ヴィクトリア朝時代の衣装で街を練り歩く、というもの。

両親はライヘンバッハの滝でホームズが一命を取り留めるのに貢献したというバリツの師範、私はペイシェンス・モランという役を選びました。十四歳という数え歳が同じだったことから、その役柄が選ばれました。

ちなみにペイシェンス・モランというのは「ボスコム谷の惨劇」に登場する、ボスコム谷地所の管理人の娘。その池のそばで頭を鈍器で殴られ死体になって発見された男、最後の目撃者、というまあまあな登場人物です。

以来、私の海外旅行観は独特なものになりました。

ライヘンバッハの滝の前でペイシェンス・モランに扮した私とモラン大佐

プロフィール

小林エリカ

こばやし・えりか|1978年、東京都生まれ。作家・マンガ家。練馬区ヴィクトリア町育ち。主な著書に『マダム・キュリーと朝食を』、『トリニティ、トリニティ、トリニティ』(ともに集英社)、『光の子ども1、2、3』(リトルモア)等がある。2021年7月にはシャーロキアンの父を書いた『最後の挨拶His Last Bow』(講談社)を発売。
SHARE: