TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
CULTURE

【#1】スポーツ写真家脳内日誌

2021.05.10(Mon)

スポーツ報道写真を撮り始めて7年。

リオパラリンピックや平昌オリンピック、世界選手権の現場に立ち、アスリートの輝く瞬間、敗北に打ちひしがれる姿を撮影してきた。

現場でゲーム展開を感じ取り、カメラを体の一部として操る僕の頭の中を紹介したい。

ゲームの内容や結果に見合った写真が残るよう、1秒間に10枚以上撮れるカメラを操る。アスリートが動き回るピッチのすぐ横から超望遠レンズを構え写真を撮る。撮ってはパソコンに読み込み、画像処理してキャプションつけてネットに上げる。全ての過程で被写体とのコミュニケーションは皆無。関わってはいけない。アスリートのパフォーマンスをただ撮るだけ。これが僕の仕事だ。

カメラもレンズも性能はどんどん進化してて、ピントは100パー、オートフォーカスに任せる。技術職なんだろうけど、ここまで機材のレベルが凄いと"撮る腕"ってなんなんだろうとよく思う。

顔認証のレベルが上がってるからリモートカメラでもオートフォーカスで追ってくれる。人なんかいなくても写真は撮れるものになりつつある。

陸上競技場の天井、プールの水中に仕掛けたカメラを遠隔操作する人もいる。ジョイスティックを巧みに操りシャッターを切る。即座にトリミングをしてキャプション打ってアップロード。オリンピックなどの国際大会ではよく見る光景になった。

現場であれ、遠隔操作であれ、人間に変わってAI積んだロボットに仕事が奪われる日がそのうち来るんだろうな。

人間がコンピューターと駆け引きしてる感はすでにある。僕が意図して操作しないといけないのに、逆にコンピューターのために動いてる。さっき言ったオートフォーカスだって、カメラがどう動くかを観察したり予測、経験に基づいて操作してる。極限まで意のままに動いてくれるカメラなんてものはまだない。

現代はカメラというマシーンに人間が合わせる図式なんだ。

プロフィール

松尾憲二郎

まつお・けんじろう|1985年 、東京都生まれ。スポーツ写真家。バックカントリースキーの撮影にあけくれ雪山を登ってきた。2014 年より『アフロスポーツ』に所属。現在は様々なスポーツを撮影している。
SHARE: