ファッション

ファッションのカタログにもいろいろあるもんだ。

紙の雑誌を作っている全国の編集者へ届け〜。

2022年12月20日

こちらが4号目にあたる2023SSのカタログ。今号はファッション全開で驚いた(というのも変ですが)

POPEYE編集長の町田です。紙モノに対しての愛は普通の編集者より強い方だと自負しております。それでも一読してポイするカタログも多い中、思わず受け取ったときに「……ななな、何じゃこれ?」とそのまま本棚に差し込んだものがありました。〈マディソンブルー〉のカタログです。ここ数シーズンかなりぶっ飛んでいて奥付を見て納得しました。我らが先輩『GINZA』の元編集長、中島敏子さんが編集していたのでした。(1〜3号目は)そもそもファッションブランドのカタログなのに読み物やコラージュ中心。おーい、洋服がちゃんと写ってないぞー。

1号〜3号目はリングノート仕様。「台割の折を考えないでいいからいろいろやれた」とのこと。

中島敏子 「(マディソンブルーの)デザイナーの中山まりこさんがとても紙の雑誌が好きな人だったんで、この作りをむしろ喜んでくれました。この2年間、自分の編集スキルを無駄にぶち込んだ集大成です。代官山蔦屋書店で展示、販売しているのでぜひPOPEYE読者、日本の全雑誌編集者にも見てもらいたいです」(←おおげさ)

ZINEは全20種各100冊ぐらいなので早めにいかないと全部揃わないかも。

そしてなんとー、この期に及んで代官山 蔦屋書店でのイベント用に20種類のZINE小冊子(これとは別にスペシャルインタビュー2冊、スペシャルエディション2冊もあるそうです)を作って、しかもテイクフリーで持ち帰れるとのこと。相変わらず編集を楽しんでるなあ。代官山にお寄りの際はぜひ中島さんの編集闘魂がこもったZINEを持ち帰ってください〜。クリスマスまでだから、急いでー。

インフォメーション

MADISONBLUE BOOKSHOP -magazine & clothing-

◯東京都渋谷区猿楽町17-5 蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース

時間:9時〜22時
期間:~2022年12月25日(日)