CULTURE

TIME TRIP TO 1976.

君も、1976年に旅してみないか?

2022.07.27(Wed)

photo: Kazufumi Shimoyashiki
text: Toromatsu
2018年8月 856号初出

ある日、懐かし過ぎる風貌のサーフボーイと出会った。
彼は、日本のサーファーが最も輝いた時代からやってきたという。

 上の写真はお父さんの昔の写真、ではなくて僕、トロピカル松村の2018年7月の姿です。30歳の僕がなぜこんな風貌かというと、それは僕がいま、1976年を生きているから。昔の写真だと思った君はいい目をしている、その通りだ。アイビー文化に親しんでいたシティボーイが、憧れの対象を西海岸のウェイ・オブ・ライフに向け始めたのが他でもなくこの年なのだ。『ポパイ』はもちろん、日本初のサーフィン雑誌『サーフィンワールド』や『サーフマガジン』も創刊されたりと、日本のサーフボーイの生まれ年とも言える時代。あの有名なサーフィン映画『ビッグ・ウェンズデー』が公開される2年も前の話である。

 街から海へ向かい、サーフィンをして、夜はセンタープリーツのしっかり入ったディナージーンズでディスコへ飛び込む。僕は、そんな当時のスタイルや遊び方が、カリフォルニアを抑えて一番カッコイイと思っている。だから、せっかくサーフィンに興味を持っているならば、君もタイムトラベルしてみないか! ん、超怪しい? じゃあもう少しだけ。

 あれから40年以上の歳月が経ったが、サーフィンの根本的なスタイルは何ひとつ変わっていない。サーフボードを抱え、早朝に海へ向かい、沖に出て波に乗る。もちろん高性能なサーフボードも開発されているが、よほどのコンペティション志向なサーファーでない限り、選んでいるサーフボードもさほど大差はない。それどころか、あの頃スタンダードだったシングルフィンを近年メインボードにしているサーファーも多いんだ。僕らの好きなクルマだって、だいたいはヴィンテージカーじゃないか? 温故知新ではなく、今再び新しいと思えるのが、1976年のサーフスタイル。そう考えてみると、僕が言っていることが少しは分かってもらえるかい? もう一度言う。君も、1976年に旅してみないか?

SHARE: