TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
LIFESTYLE

【#1】 撮影事故

2021.04.12(Mon)

これはちょっと、悲惨な話なんです。

テレビドラマの、撮影現場での話しなんですがね。

テレビのドラマっていうのは、制作がテレビ局で放映するのはもちろん、テレビ局なわけですが、

撮影所の関係で監督も、カメラマンも照明さんも音声さんも、映画畑の人達で撮ってるというのが、ほとんどなんですよね。

まあ、そんな中でですがね、これはその関係者の間では、結構知られた話なんですよ。

といっても、限られた人達の間での話なんですが-----。

ある、連続ドラマがあったんです。

私も、よく知ってるんですけど。

このドラマっていうのは、アクションシーンが結構、「売り」だったんですよね。

で、やっぱり製作日数、追われてますからねえ。

大変なんですよ。

時間に、限度があるじゃないですか、連続ドラマですからね。

その撮影現場っていうのが、今はそこ、ただの広い、平地になっちゃってます。

一部が駐車場で、車がぎっしり並んでるんですが、

当時は、大きな資材置き場だったんですよー。

資材といってもねえ、鉱石だとか、要するに鉄の粉みたいな、

ああいったものが山になってた、そういう場所だったんですね。

高さが、そうだなあ、二十メートルぐらい、あったんじゃなかったかなあ---。

天井まで。

飛行機の格納庫みたいな、大きな屋根が、ずっと連なってるんですよ。

もう長いこと、放置されたままですから、鉄骨はすっかりさびてるし、壁や天井のスレートは、穴が開いてるし。

天井のところどころには、ほこりを被った明かりとりのガラスがはまっていて、

大型のベルトコンベヤーが、あっちこっちに、そのままゴローンと転がってる。

元々、この中は、ダンプカーやショベルローダーが、動き回っていたんですから、

車は走れるし、火は使えるし、間違ってどこかにぶつかっても、

もうすでに壊れかけてるんで、問題はない。

そんなことから、撮影には、向く場所なんですよ。

外の音は聞こえてこないし、相当な高さもあるし。

雨が降っても、屋根があるから、穴が明いてりゃあ濡れますけど、そうじゃなければ濡れることもないし。

そこそこ明かりも取れるので、特にアクションシーンに使われてたんです、その場所。

で、そこで、ロケをしてたんですが-----。

監督が、

「真俯瞰を撮りたい」

と、言ったんですよ。

真俯瞰ということは、上から真下を撮るわけです。

結構迫力あるじゃないですか、地面まで二十メートルぐらいあるんだから。

その時にね、助監督のサードがいて。

助監督っていうのはセカンド、サードってあって、サードっていうと、下っ端になっちゃう。

その助監督のサードに、監督が

「ちょっと屋根に上がって見てこい、それで足場のいいところでカメラを固定するから、場所を見つけてこい」

と、言ったんだ。

撮影現場って、興奮しますからね。

「ハイ!」

ってんで、サードの彼、

上がってったわけだ。

途中まで上がれる段がある。

そこから上というのは、鉄骨を組んであるので、

それをよじ登る形で、上がっていく。

彼が上がって、場所を決めたらば足場をつくって、カメラを上げるという話だった。

時間がないですから、その間も、撮影は続いてる。

彼は、上がって行った。

その下には、セットの一部が置いてある。

彼、どんどんどんどん、上がっていってそこから、ついに屋根の中央へ向かっていった。

屋根にあいた穴ぼこから、チラチラとサードの彼が、動いてゆくのが見える。

下でだれかが、

「おう、あぶねえから気をつけろよ」

と、声をかける。

「はあい」

と、彼が答える。

「無理しないでいいからな」

って、

「行けるところまでで、いいからな」

って。

「はあい」

って、答えるんですよ。

そうして、だんだん、だんだん、天辺の、一番高いところへ向かって行ったわけですよ。

真俯瞰ですから-----。

これを撮りたいって、監督が言えば、そうしなくちゃいけないわけですから。

ずうっ----と、来たんだ。

ちょうど、とがったような天辺ですよ。

そこのところ、ずうっ----と来た。

メキッメキッと、音がしている。

南風にさらされ、海からの潮風を受けてますから、屋根は、だいぶもろくなってる。

みんなが

「あぶねえな」

って、言いながら見上げてた。

鉄骨は、ほとんど腐ってますからね。

そして、あとわずか、というところまで来た時、突然

バリーン!

という轟音がして、黒いかたまりが落っこちてきた。

そして、置いてあったセットの一部に、激突した。

グシャーン!

と鈍い音がして、ブォーッと、真っ赤なものが飛びちった。

バラバラと、スレートの破片が降ってくる。

「うわーっ!」

と、誰かの悲鳴があがった。

-----落ちてきた黒いかたまりは、サードの彼だった。

一瞬の、出来事だった----。

顔面と肩がえぐれて、黒ずんだ血液がどくどく流れ出て、彼の上半身を赤く染めていった。

手のほどこしようが、なかった-----。

撮影は中断され、彼は救急車で運ばれていった。

緊急の手術を受けたんですが、三日目に死んじゃったんですよ----。

これが、不思議なんですがねえ-----。

本当はね、業務上の過失じゃないですか。

監督が彼に、命令したわけだから。

ところが----。

「事故」

と、して片づけられちゃった。

そして、ドラマの方は遅れてますから、

引き続き同じ場所でもって、撮影が始まるわけですよ。

そして-----、真俯瞰からのカットが、一番後になったんですがね---。

このシーンは、ドラマの主人公の友人が、

血まみれになって、そこで死ぬっていうシーンなんです----。

最後に、血だらけになって--------。

息を引き取る、シーンなんですよ--。

それだから、真上から真俯瞰で撮りたいと、言ったわけですよね、監督は。

嫌なんだな、役者の方も---。

だって、それ、「その場所」ですから。

撮影現場が、事故現場になっちゃったわけですからねえ。

まして、亡くなってたのは、仲間なわけですから。

しかし、もう時間がない。

「その場所」でやるしかない。

で、始まる前にみんなで、

「じゃあ、黙祷しよう」

と。黙祷して、始まった。

ところがこの日、不思議なんだけど----。

監督が、助監督を呼ぶ時に、名前を間違えるんです---。

監督、気がついてないんですよ。

それは、死んだサードの、彼の名前なんです。

何度も、間違えて呼ぶんだ。

自分についている、助監督の名前を、間違えたりするはずがないのに。

みんな、

「嫌だなあ---」

と、思った。

気になったけど、言えなかったんですよ。

監督は、全く気がつかない。

まるで、サードの彼がいる----- かのように-----。

名前を、何度も呼ぶわけですよ。

でも、みんな、何にも言わなかった。

何となく、監督にいいづらかったから、黙ってたんです。

そうこうするうち、いよいよ主人公の友人が、血にまみれて死ぬシーン、

服にべっとり血のりを塗って、口から血を流して、地べたに横たわる。

もう屋根の上に上がって、真俯瞰で撮るってことは、さすがにできませんから、

クレーン持ってきて上から撮る。

「じゃあ、本番いくよ!」

主人公の友人役の俳優さんが、そこに横になった。

「はい! 本番! 用意! はーい!」

カチーン!

カチンコが鳴った。

俳優さんが

「う、うーっ」

と、うめいて、クレーンのカメラが、グーンと上がってゆく。

友人役の俳優さんが目をむいて、ひん死の形相でこと切れる-----。

と、その瞬間、

「うっわーーっ」

と、ものすごい声をあげた。

人間、亡くなる前の、断末魔の声っていうのがありますよね。

叫びのような。

でも、この場合は、ドラマのストーリー上、

静かにカクッ----と、息を引きとるはずだったから、それが

「うっわーーっ」

って、いうんで、回りのスタッフたちは、驚いた。

すげえ、演技するなあ、と思ったんだ。

と、同時に、事故のことが頭にあるから、あんまりいい気持ちしなかった。

ところが、死ぬはずの俳優さん、

「うっわーーっ」

と、わめき続けながら、ブルブルと震えてるんで、まわりの人達も、

「何かおかしいぞ」

と、思いはじめた。

で、

「カーットォ!」

がかかった。

「おーい、どうしたんだ?」

監督が、俳優さんに声をかけると----。

「倒れて、上を見たら、あの破れた、屋根の穴から、

助監督のサードの血まみれの顔が、のぞいてた」

って、言った。

「そんなことはないだろう!」

って言って、

ふっ、と監督が見たらば、

-------カメラマンが手を合わせてる、それも震えながら-----。

「どうした?」

って、聞いたらば、

カメラを一瞬フーッ、と上げて振り下ろそうとした瞬間に、

屋根の開いた穴から、のぞいている助監督の顔が見えた、って言う----。

助監督のサード。

映画をつくることが、夢だったその若者が、その夢をかなえられずに死んだわけで。

でも、自分が携わったその「最後の作品」だけは、

きっと最後まで、つき合いたかったんじゃないのかなあ---と。

みんなそう思って。

思うと、みんな泣けてきてねえ-----。

合掌してましたよ、その場で-----。

泣きながらねえ。

あるんですね、こういうの。

今はもう、そこは全部、建物壊されましてね、ただ平地になってますよ。

東京ですよ、場所は。

はっきり言ってしまうと、問題になるから言えないんですけど。

-----深夜、このシーンを編集していた編集マンが、

例の俯瞰のカットで、サードの声を聞いたと、同僚に打ち明けたそうです。

それは

「アー-----」

という、悲しげな声だった、と言うことですよ。

終わり

プロフィール

稲川淳二

いながわ・じゅんじ| 1947年、東京都生まれ。タレント・工業デザイナー・怪談家。桑沢デザイン研究所を経て、工業デザイナーとして活動。1996年通商産業省(現・経済産業省)選定グッドデザイン賞を「車どめ」で受賞。その一方で、タレントとして、ワイドショー・バラエティー・ドラマと多くのメディアに出演。また、近年の怪談、ホラーブームの火付け役の1人として自他共に認める“怪談家”でもあり、若者からお年寄りまで広いファン層を持つ“稲川淳二の怪談ナイト”の全国ツアーは今年、29年目を迎えライフワークとなっている。思うところがあり、55歳を区切りに、19年前からテレビ出演は夏だけとして、バリアフリー関連の講演、ボランティア活動、デザイン、心霊探訪に時間をさいている。YouTub始めました。『稲川淳二メモリアル【遺言】』。2021.01.22にファンと交流するチャンネルも開局! 「稲川淳二のファンと怪異があつまるチャンネル」

公式サイトはこちらから。
SHARE: