TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
CULTURE

【#2】Beautiful World Syndicate (Philadelphia)

2022.06.03(Fri)


text: Oskar Mann
translation: Keina Yamamoto
edit: Akira Yamada

レコードを買いに出かける時、迷信を信じることがある。
もしバッグを持参したら、手ぶらで帰ることになるだろうか。それとも、バッグを持っていかなかったとしたら、なにか大当たりなことが起きて、その後、足止めを食らうだろうか。

私が初めてBeautiful World Syndicate に訪れたのは、2008年の雨の日。ニューヨークからバスで向かった。その日はひどく雨が降っていた。—そして楽観主義と疲労が入り混じって、私はトロリーバッグを持っていくことにした。(迷信なんて信じないぞ と天気の神々に示すように)前の座席に膝をつき、足元にトロリーバッグを置いた。30丁目でバスを降り、南フィラデルフィアのイースト・パスアンク通りに向かった。朝10時(開店時間)に到着する予定で、帰りのバスのチケットは同じ日の夕方6時のものをもっていた。雨で濡れ、寒くて疲れた体で店に入ると、カウンターの奥に座ってLPを高く積み上げている店員とうなずき合った。私はバッグを置き、ジャケットを脱いでレコード漁りを始めた。私は、店の正面にある「新着」ボックスから始めることにした(後日、印象的なDiscogsコレクションを保管している2階の部屋を発見した)。「新着」ボックスを経て、ソウル/ファンク/ジャズへとステップを進めている時間は、6時間が経過したことを忘れてしまうほど至福であった。しかし、私のキューティクルや血糖値は、そうではなかったようだ。

ロマンティックな話だが、レコードを買うために旅に出ると、「その土地にしかないもの」を想像してしまうことがよくある。もちろん、そうである場合もあるのだ。(フレッド・ウェスリーが「ファンクに蝶ネクタイをつけた」と雄弁に定義づけている)TSOP(The Sound of Philadelphia)ばかりではなく、私のコレクションは、ニューヨークでは「ウォールレコード」と呼ばれるようなものだったが、フィラデルフィアのゴミ箱や木箱で見つけたもので、中でもSalSoulからリリースされたバニー·シグラーの12インチ、'By The Way You Dance'の非常に綺麗なコピーが目立つ。

この最初の訪問を皮切りに、この14年間、私は美しい街へ美しい音楽を求めて旅を続けている。ああ、なんてBeautiful World なんだ。


When traveling to buy records I can be superstitious: if I bring a bag, will I return empty handed? Or if I don't bring a bag will I score big and then be stranded?

My first visit to Beautiful World Syndicate was by bus from NYC on a rainy day in 2008. It was raining heavily - and from a combination of optimism / fatigue I decided to bring my trolley bag with me, (throwing superstition back in the face of the weather gods). Knees scrunched up against the seat in front of me, with my trolley bag at my feet, I eagerly disembarked the bus at 30th St and made my way to East Passyunk Ave in South Philly. I planned my arrival for 10AM (opening time) and had a return ticket for 6PM the same day. As I entered, (rain soaked, cold and tired,) the shop attendant, who was seated behind the counter with a tall stack of LPs and I exchanged nods. I set my trolley bag down and took off my jacket to commence the inaugural dig. I decided to start in the 'New Arrivals' bins in the front of the store (on a later visit I discovered the upstairs rooms which house their impressive Discogs collections). As I worked my way through 'New Arrivals' up the steps to Soul/Funk/Jazz, the fact that 6 hours had passed blissfully escaped me, although my cuticles and blood sugar levels would indicate otherwise. 

Somewhat of a romantic idea, it can often be the case when travelling to shop for records that you imagine them to be 'location specific' - this of course can only sometimes be true. Although it wasn't all TSOP (The Sound of Philadelphia), (which Fred Wesley would so eloquently sonically define as "putting the bow tie on funk",) my stack consisted of what would have been considered 'wall records' in NYC, but found in the bins and crates in Philadelphia, a standout being a very clean copy of the Bunny Sigler 12" on SalSoul, 'By The Way You Dance.' 

This first visit was one of many, and for the past 14 years I continue to make the trip, to a beautiful city, to find beautiful music, and oh, what a Beautiful World it is.

プロフィール

Oskar Mann

1984年オーストラリア、メルボルン生まれ。ミュージシャン、DJ、ラジオ司会者、そしてBOOKWORKSのリーダーとして幅広く活躍中。ニュースクール大学のジャズ&コンテンポラリーミュージックプログラムを卒業し、現在も音楽の勉強を継続している。最近、(un)プロジェクトと協力して、選りすぐりのレコードジャケットを紹介する「Stop, Look and Listen: A Cover Story」を発売。
SHARE: