TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
CULTURE

【#1】Big City (New York City)

2022.05.24(Tue)


text: Oskar Mann
translation: Keina Yamamoto
edit: Akira Yamada

以前から、マンハッタンのイーストビレッジにあるイースト12番ストリート -1番通りから東へB通りまで- の緯度・経度を調べようと思っていた。そこは、多くの人に「レコード・コリドー」の愛称で親しまれている。長くは続かなかったダブスポット(学校がその名を引き継ぐ何年も前)から伝説的なアカデミーレコード、そしてこのラブレターの宛先、Big City Records(2007-2012)まで、マンハッタンの12番ストリートは今も、今までも、これからもレコードの磁場となる場所だ。

Lost & Found Crewの創設メンバーで、過去にThe Sound Library(サウンドライブラリー)を営んでいたジャレッド・ボックス(通称:JBX)が運営し、Big Cityは瞬く間にDJやプロデューサー、レコードコレクター、そして音楽通たちにとって揺るぎない地位を築いた。いつも申し分のない品揃えで、Large ProfessorやQ-Tipのようなアーティストが漁っているのを見かけることもある。数ヶ月間、毎週通い続けた結果、私が新入荷の商品を見ている間に、ジャレッドがおすすめのレコードを紹介してくれるようになった。DJが聴衆の反応を読み取るように、このレコードショップのオーナーはお客さんの好みを読み、さらにお客さんがどんな音楽に引き寄せられるかをお客さん自身が理解するよりも先に読み取る。これは営業のやり方ではなく、それぞれのレコードが伝える音楽とストーリーに対する、純粋な情熱と深い敬意であった。A1のセレクターであり、DJでもあるジャレッドに、「どうしてこんなにたくさんのレコードを自分のものにしないんだ」と聞いたことがあった。彼はシンプルに、「欲がない」「このレコードが世の中に生きていることが大事だ」と笑顔で答えてくれた。

2012年、Big Cityが閉店したときは、わが身ながらとてもショックだった。ニューヨークの家賃が上がり続けていることと、Discogsの人気が高まっていることも要因の1つであった。しかし、Big Cityの伝説も、レコードが存在すること、アーティストが意図したとおりに音楽が聴かれること、掘り下げ続け、共有し続けることの重要性に対するジャレッドの哲学も残ってる。


For some time now, I've been meaning to look up the longitude and latitude of East 12th Street, in Manhattan's East Village - from 1st Avenue east across to Avenue B - known affectionately to many as 'The Record Corridor.' From the short lived DubSpot (years before a school adopted its name) to the legendary Academy Records and the subject of this love letter, Big City Records (2007-2012), Manhattan's East 12th Street is / was / will remain somewhat of a magnetic field for records.

Operated by Jared Boxx aka JBX who previously ran The Sound Library,  and founding member of the Lost & Found Crew, Big City quickly became a stable for DJs, producers, record collectors and music lovers alike. Always housing an impeccable selection it wouldn't be uncommon to spot the likes of Large Professor or Q-Tip sifting through the bins. After several months of making weekly trips, Jared began to pull recommendations for me while I would look through the new arrivals. As a DJ reads and shapes a crowd, here was a record store owner reading, and rather more impressively hearing what his customers would gravitate towards before they might have known about it themselves. This wasn't a ploy for sales, it was a genuine passion and deep respect for and of the music and the stories which these records carried and told. In fact I once asked Jared how he didn't keep so many of the records for himself (as he was an A1 selector and DJ); he responded with a smile and simply said he wasn't greedy and that it was important for these records to live in the world. 

Selfishly, I was very upset when Big City closed its doors for the last time in 2012. The ever-raising NYC rent prices, along with the increasing popularity of Discogs were both contributing factors, but the legend of Big City remains, as does Jared's philosophy on the importance for records to exist, for music to be heard the way an artist intended and to keep digging and keep sharing. 

プロフィール

Oskar Mann

1984年オーストラリア、メルボルン生まれ。ミュージシャン、DJ、ラジオ司会者、そしてBOOKWORKSのリーダーとして幅広く活躍中。ニュースクール大学のジャズ&コンテンポラリーミュージックプログラムを卒業し、現在も音楽の勉強を継続している。最近、(un)プロジェクトと協力して、選りすぐりのレコードジャケットを紹介する「Stop, Look and Listen: A Cover Story」を発売。
SHARE: