TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
LIFESTYLE

【#1】あなたにフィットするコーヒー

2022.03.16(Wed)

はじめまして、東京都目黒区で20年以上運営しているコーヒー焙煎店「Coffee Roast Vivace(コーヒーローストビバーチェ)」代表の前田崇之と申します。このような機会をいただけて光栄です。今回はCoffee Roast Vivaceというブランドについてご紹介させてください。

店頭に立つ店長(母)

このお店は、共に公務員だった両親が第二の人生として、私が高校2年生のときに開業。元来コーヒーが好きだった母(現:店長)が、「どこに行っても美味しいと思えるコーヒーが見つからないから自分で作ってみたい!」という想い先行で、ただただ自分が美味しいと思えるコーヒーを研究し、焙煎し続けるところからのスタートでした。

それまでの人生、コーヒーがただ好きなだけな教職の母と、海上自衛官で商売に携わったことなどない父。高校生の私は「うまくいくわけがない…」と心底思い、親戚を含めた身内で一番反対していたことを、今でも鮮明に覚えています。それから20年経った今、当時は想像もできなかったほど、たくさんのお客様に寄りそっていただき、目まぐるしくも活気があって楽しいお店を運営できています。

香りと色を見ながら焙煎する様子

何がご評価いただいているのか。20年前まではコーヒー素人(ただ好きなだけ)だった母が焙煎士として日々焼きつづけるコーヒーを、なぜこれだけ多くのお客様が喜んでくださるのか。思い当たる節はいくつかありますが、何よりも「美味しいコーヒーに出会いたい」というお客様の想いにつよく共感していることにあると感じます。

これは、実体験からくるのでしょう。「コーヒーには産地とか品種とか色んな違いがあるはずなのに、外で飲むとあんまり違いがわからない」という自身の経験や、「コーヒーは、どれを取っても全部特徴が違ってて面白い!」と気づいてしまった感動がそうさせているのだと思います。パワーみなぎる性質も相まって、共感されたお客様が時に圧倒されてしまうような「熱量」で、好きな味わいを見つけるために一緒に考えるスタイルです。

それが、Coffee Roast Vivaceの根幹となっている考え方。
「お客様が探しているぴったりのコーヒーを一緒に探したい」
「世界一美味しいじゃなく、それぞれのお客様にとって、ぴったりフィットするコーヒーを仕上げたい」
これが当店の「本当の意味でのオーダー焙煎」という指針に繋がっています。

ハンドドリップの技術も、豆の特徴を引き出すポイント

美味しいコーヒーを楽しみながら、美味しいスイーツを頬張って、至福のほっこりタイムを味わう。そのためのお手伝いとして、「あなたにフィットするコーヒー」と「コーヒーのお供となるスイーツ」を、とことん手作りにこだわって提供している当店。次回は「自分味のコーヒーの淹れ方」をお話しします。

プロフィール

前田崇之(Coffee Roast Vivace代表 )

まえだ・たかゆき | コーヒーローストビバーチェ代表。東京都目黒区の住宅街に開業して20年以上。地域の皆さま、遠方よりお越しいただくお客さまに支えられ、これまで珈琲を探求する日々を続けてこられました。これからも【珈琲でわかちあう豊かな暮らし】をテーマに、珈琲を通じた喜びを皆さまと見つけてまいりたい。そう、ひとえに想う「コーヒーのオーダー焙煎店」です。

Instagram
https://www.instagram.com/coffeeroastvivace

Online Store
https://coffeevivace.official.ec
SHARE: