LIFESTYLE

私のいえは、東京 山のうえ Vol.6

社本真里の隔週日記: 生活水

2022.04.09(Sat)

photo & text: Mari Shamoto
edit: Masaru Tatsuki

檜原村の山の中
檜原村の山の中。

 住み始めたばかりの頃、水が出ないことを、どう受け止めたらいいのか分からなかった。けれど集落のみんなは、そのうち出るよーと言って、いつも通りだった。水の管理も集落の皆で行なっていて、当番制でタンクやフィルターの掃除をしている。

水元までの道。
水元まで歩いて15分くらい。
沢の上流から流れる水をせき止めている水元。
水元。沢の上流から流れる水をせき止めている(小さなダムみたいなところ)。
水元の掃除をする人
水元の掃除。

 水元へ行くと、そこには水が湧き出ていた。これが生活水になっているんだと目にすると、水が出ない事実も気がついたら受け入れられるようになった。

プロフィール

社本真里

しゃもと・まり |  1990年代生まれ、愛知県出身。土木業を営む両親・祖父母のもとに生まれる。名古屋芸術大学卒業後、都内の木造の注文住宅を中心とした設計事務所に勤め、たまたま檜原村の案件担当になったことがきっかけで、翌年に移住。2018年に、山の上に小さな木の家を建てて住んでいる。現在は村内の林業会社に勤め、山の素材の販売や街と森をつなぐきっかけづくりに奮闘している。

SHARE: