TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
CULTURE

【#2】About The Family of STP(サービング・ザ・ピープルのメンバーについて)

2021.04.25(Sun)

ここ数年で、サービング・ザ・ピープル(以下、STP)は目標を成し遂げるために素晴らしいメンバーでチームが形成されている。そんな彼らをファミリーと呼べることは幸運なことだ。

今回のコラムではそんなファミリーを紹介させてほしい。まずは近年クーバー・ユニオン大学を卒業したベン・ウェルザー。ベンはSTPの幹事役であり、アート展示、オンラインセミナー、教育プログラムなどあらゆるプロジェクトのキュレーターなんだ。STPで彼が初めてキューレーションしたのが2020年の芸大卒業生を対象にしたオンライン卒業制作展“BFA SHOW 2020”だったんだけど、このプロジェクトのコンセプトは昨年の夏に参加したアーティストレジデンシーの期間中に彼と僕で考えたんだ(ベンは制作アシスタントとして帯同してくれていた)。

ベン・ウェルザー

次は、LA・ヴァン・ダイク。彼女と前述のベンは元々仲の良い友人だったから、彼女がチームの一員になるのはごく自然な流れだった。僕が記憶する限り、LAはエディトリアルコンテンツのコントリビューターとして関わり始めて今はエディトリアルコンテンツの編集長をやってくれている。展示企画におけるエディトリアルコンテンツは彼女が管理しているんだ。他にもSTPのNYオフィスをマネジメントしてくれたり、エディトリアルチームを束ねてコンテンツが予定通りに発表できるようにコントロールしてくれている。それに彼女はSTPコミュニティを地で行くような存在で、STPの仲の良い友人2人がやっている新聞『The Drunken Canal』への寄稿など、NYのクリエイティブコミュニティで活躍している一人。最近STPではプロデューサーとしての役割を担ってくれていて、彼女がオーガナイズする女優のジュリア・フォックスとアイウェアブランド<Takesh>のファウンダーのニキ・ターキャッシュによるポッドキャスト「Fantasy Hour」が近日公開予定だよ。

LA・ヴァン・ダイク

次に紹介するメンバーはミア・マニング以外に思い当たらない。ミアはSTPチームを団結させる接着剤のような存在。メンバーのスケジュール管理やコミュニケーションにおける運営責任者。彼女がいなければSTPのメンバーはそこら中に散らばってまとまりがなかったと思う。ミアは元々フォトコントリビューターとしてSTPに写真を提供してくれていたんだけど、間も無くして彼女に写真以外でも協力してもらうことになった。ベン以外で言うと、恐らくSTPのことで一番連絡を取り合うのは彼女で、全てのプロジェクトが順調に運ぶように取り計らってくれる。現在、彼女はジョージア州アトランタにいるんだけど、NYに戻ってきてもらおうと思っていて、みんな彼女が戻ってきてくれることにとてもワクワクしてるんだ。

ミア・マニング

お次はウスマン・ソウだ。ウスマンはSTPの“ガイ”。初めて彼に出会ったのは数年前、NY市内だった。いつどうやって出会ったのかはっきり覚えてないんだけど、ウスマンがSTPのメンバーであることは嬉しい限りだ。元々、STPにとって初めてのインターンとして入ってもらったんだけど、数日でマーチャンタイズ担当になってもらった。彼はその道について本当によく知っていて、STPのマーチャンタイズをローンチする上で、とても大きな助けになってくれてる。今年に控えているいくつかのコラボレーションを発表できるのが本当に楽しみで仕方ない。

ウスマン・ソウ

最高なサム・グルントを次は紹介したい。初めてサムに会ったときに、君を見ていると『マトリックス』のネオを思い起こさせると伝えたんだけど、彼は今でも僕がその時に言った事は間違ってなかったと証明してくれる。サムはウェブサイトのリードディペロッパーで、STPというプラットフォームの機能面のメンテナンスだったり、革新性といった部分を担当してくれている。彼と僕はたくさんの時間を使ってSTPのウェブサイトをいじくり回しながら、新しい機能をいかに導入するか考えてるよ。個人的に、サムと僕が密かに動いているプロジェクトをお披露目するのがめちゃくちゃワクワクしてる。

サム・グルント

最後だけど、忘れちゃいけないのがインターンで一番新しいSTPのメンバーのタシ・サルセド。彼は遅かれ早かれSTPで役職に就くと思っている。入って間もない彼だけど、すでにマーケティングや商品展開といったことに興味を示しているからね。間違いなく、彼とはすぐに何か面白いコンテンツを一緒にやっていけると思う。今はオフィスの整頓や、発送、梱包作業をやってくれてるよ。

タシ・サルセド

コアメンバーはこんなところ。次回はSTPのコミュニティにいる素晴らしい人たちや団体について紹介したいと思う。

Over the past few years Serving the People has formed into an amazing team of individuals dedicated to pushing our mission forward and achieving our goals. I have been fortunate enough to call these people family. 

I’d like to use this opportunity to introduce them. I’ll start with Ben Werther, a recent Cooper Union graduate. Ben is in charge of organizing and curating the STP projects which include but are not limited to exhibitions, online programming, webinars, and educational content. His first project with STP was BFA SHOW 2020 which he and I conceptualized over the summer of 2020 while at my Watermill Center Residency in which he assisted me. 

Ben Werther


Next up is LA Van Dyke. She and Ben are close friends and so she naturally made her way into our community. I believe LA began as a editorial contributor and has graduated to our Editor in Chief. LA runs the show when it comes to content and editorial. She spends most of her day holding down the fort at the STP offices and corralling the editorial team, making sure our content is launching on time. She also is our man or woman on the ground when it comes to the STP community. She is very active in NYC creative community one of her accolades includes writing and contributing to our close friends The Drunken Canal. She is moving into a more producer role at STP. Her first new exciting project is launching our new podcast “Fantasy Hour” w/ Julia Fox and Nicki Takesh. 

LA Van Dyke


It would only make sense to now introduce Mia Manning. Mia is the glue that holds STP together. She is our Head of Operations keeping all of us on schedule and in communication. Without her we would be all over the place. Mia began at STP as a photo contributor but it quickly became obvious she had way more to offer. Besides Ben i probably spend the most time talking with Mia, making sure everything is moving along. She is currently located in Atlanta but is making her way back to New York and we are all very excited to have her around. 

Mia Manning


Up next is Ousmane Sow. Ousmane is our guy. I met him a few years ago in NYC i dont really know when or how but we love having him aboard. Ousmane was first our intern for about a few days before he became in charge of product and merchandising! He really knows his stuff and has been a huge help in launching the STP merchandise line. We are very excited to announce upcoming collaborations for 2021. 

Ousmane Sow


Next up is the amazing Sam Grund. When I first met Sam i told him he reminded me of NEO from the Matrix. He continues to prove me right. Sam is our lead developer. He is in charge of maintaining and innovating a lot of our platform's functionality. Sam and I spend a lot of time tinkering with the site and thinking of new ways to innovate. I personally am really excited to reveal a lot of the secret projects we have been working on!

Sam Grund


Last but definitely not least is Tashi Soledo! Our intern and newest member to STP. I am certain its only a matter of time before Tashi moves into a more permanent role at STP. He has already expressed interests in marketing and product role out. I'm sure we will be working on some sick content very soon. Right now he makes sure the office is in order and handles all our shipping and fulfillment. 
Thats it for now for our core team. For my next entry I will be highlighting some of the amazing people and organizations in our extended community. 

Tashi Soledo

プロフィール

Lucien Smith

ルシアン・スミス/サービング・ザ・ピープル

1989年、LA生まれ。ニューヨークタイムズに「アート界の天才児」と評されたアート業界の第一線で活躍している若きアーティスト。サービング・ザ・ピープルはルシアンが主宰するデジタルアートプラットフォームで、彼の体験を元に「アート業界にある障壁を少しでもなくしたい」と2015年に立ち上げられた。WEBサイトwww.stp.world. では有名無名問わず、世界中から集まるアーティストやクリエイターによるブログやポッドキャスト、ミュージックプレイリストなど様々なコンテンツを展開。オンライン/オフラインでのアート展示の企画も行っている。
SHARE: