TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
TRIP

【#4】サンフランシスコの街の看板

2022.06.07(Tue)

フォトグラファーのユウジさんと一緒に、サンフランシスコにある僕の好きなサインを撮影して回ったタウントークも、今回が最終回です。

Valencia ストリートにある「Black Heart Tattoo」のサイン。デザイン、ペイント共に Ken Davis 。入口のガラスには金箔を使ったギルディングサインが、全面にイラストが描かれた壁の上部には大きなサインボードが、通りを歩く人々の目を惹きます。鉛筆でのスケッチから、デザイン、筆を使ったペイントまで、全ての作業を手作業で行っている彼らしい素敵なサインで、タトゥーショップにピッタリです。さらに左側には言葉に合わせた様々なレタリングと指のキャラクターのイラストが楽しませてくれます。

これは先日 Barkley に行った際に偶然見つけたゴーストサインです。古いサインの上に新しいサインを描いて…という工程を繰り返し、おそらく3層になっているかと思います。よーく見るとサインの下にまたサインがありますね。長い年月を経て薄くなり、下の層のサインが出てきています。今の状態で見えるのは今だけという、面白いゴーストサインだと思います。長い年月を経て生まれるという点ではウイスキーなんかにも似ているかもしれません。

最後にご紹介するのは、Columbus Ave にあるイタリアンレストラン「Stinking Rose」のサインです。デザイン、ペイント共に New Bohemia Signs 。こちらのレストランは、すべての料理にニンニクが含まれているそうで、よく見るとデザインの中にニンニクを見つけることが出来ます。以前からサンフランシスコで好きなサインは?と聞かれると、必ずこのサインを最初に答えていました。先日、店舗移転により(写真1枚目)の大きなサインは消されてしまいましたが、道の向かいに移転したことで、僕自身が新店舗のウインドウにペイントする機会を貰えました(写真3枚目)。このレジェンダリーなロゴを New Bohemia Signs のボスの Damon と二人で1つづつペイントすることが出来たのは、とても良い思い出です!

以上をもちまして、4週に渡りお届けしました「サンフランシスコの街の看板について」のタウントークを終わりたいと思います。

ベイエリアには、サインペインターが描いたサインがまだまだ沢山ありますし、店の店主が描いたと思われる、良い感じでゆる~いサインなど、面白いサインも豊富にあります、また何処かでご紹介できることを楽しみにしていますね。

それでは皆さん、良い1日をお過ごしください~

プロフィール

中原真也

なかはら・しんや|Modern Twist Signs 代表。サインペインター、デザイナー。1977年生まれ。徳島県出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。デザイナーとして音楽に纏わるデザインを手掛けた後、2013年にドキュメンタリー映画”Sign Painters”を見て、サンフランシスコのサインショップ New Bohemia Signs に魅了される。2015年単身渡米、New Bohemia Signs にて修行。帰国後 Modern Twist Signs を設立。池尻大橋に実店舗を構え、都内から地方まで数多くの看板やデザインを制作。20216月サンフランシスコヘ活動の拠点を移す。現在は New Bohemia Signs のサインペインターとして、ベイエリアのレストランやカフェなどのローカル店舗を中心に、SFMOMA  Facebook などの大型施設から大きな壁画まで幅広くペイント活動中。20225月より、サンフランシスコの生活で感じた「自分と違う」人や事をテーマに友達のシュンタと話すトーク番組「Different from Me」がPodcastにて配信中。

Instagram
www.instagram.com/moderntwistsigns/

Official Website
www.moderntwistsigns.com/

Podcast「Different from Me
https://open.spotify.com/show/386TUBMfimFaeAnwfzZTPT

Yuji Wat(ユウジさん)

ゆうじ・わっと | 東京生まれ、サンフランシスコ在中。映像作家、写真係、MUNISF主宰。故大瀧ひろし氏からアメリカの魅力と攻略法を学び、カリフォルニアに通い始める。後にサンフランシスコの異色サーファー達をフューチャーした映像作品 [ TGH ] を発表。現在、雑誌や広告撮影を中心に活動中。愛犬家。
SHARE: