LIFESTYLE

僕の車。/TOYOTA SCEPTER WAGON 1995

2022.05.20(Fri)

photo: Kazuharu Igarashi
text & edit: Koji Toyoda
special thanks: Shogo Jimbo (DRIVETHRU), Kyosuke Nitta
2022年6月 902号初出

最高の気分で「コレだ」という一台を持っている人の話。どうやって選んでいるのか、心の内側も覗き見ながら、彼らの視点とグッドな車をカテゴライズ。

同い年くらいのクルマ。
TOYOTA SCEPTER WAGON 1995

ラッパーBIMと愛車のトヨタ セプターワゴン。

もし「車が欲しい!」と望むならば、’80~’90年代の“ヤングタイマー”と呼ばれる車たちはどうか? 価値あるクラシックカーと新車の狭間で、業界では不人気車とされていたけど、その分まだお手頃なものも。もちろん中古で100万円を超える名車もあるものの、セプターワゴンや初代マーチにシビック セダンなど、隠れたグッドデザインカーがキミを待っている。今回は既存の価値観に囚われず、このあたりに目をつけて、自分だけの視点でマイカーを手に入れたシティボーイたちをたくさん見つけた。さらに言うと、この年代のものは、20~30代にとっては同世代。親近感と愛情たっぷりに車と向き合える、っていうのがなんだかんだで重要なんだ。

ボンネットに腰掛けて、気持ちよさそうにラップするBIMさんの車は、トヨタのセプターワゴン。カムリワゴンの北米仕様を逆輸入した一台だ。日本では珍しいシャンパンゴールドカラーに、垢抜けたルックスは、確かに帰国子女風! 「無駄にデカい車体が馬鹿馬鹿しくて好き」と手に入れて以来、アルバムのジャケに度々登場。トヨタとコラボした新曲「What more can I say」では、「ビムが乗るぜ、セプター」とラップで愛を語る。「新曲ができるとチェックも兼ねて、第三京浜をドライブするんです」。荷室に「ロックフォード・フォズゲート」のウーファーを搭載したこのセプターは、さながら専用スタジオ。もはやBIMという音楽家に欠かせない相棒だね。

BIMの車の荷室。
トートバッグ

OWNER
BIM/28
ラッパー

SHARE:

ピックアップ