CULTURE

『ビデオマーケット』店長・涌井次郎が選ぶ、辺境のホラー。

2021.08.22(Sun)

photo: Kazuharu Igarashi
text: Neo Iida
2021年9月 893号初出

 アメリカのホラー以外にも見聞を広げたい。新宿『ビデオマーケット』店長の涌井次郎さんに世界のホラー事情を聞いてみた。

 「独特な映像美の『魔女伝説・ヴィー』は、旧ソ連時代の作品。共産圏では国の管理下で撮影をするので、当時のホラーは貴重です。スペインは泥くさい人間模様が描かれている印象がありますが、これは1960年代までのフランコ独裁政権による抑圧の反動じゃないかなと。政治の影響は大きくて、イギリスで格調高いゴシック・ホラーが作られがちなのは、検閲が厳しいから。臓物などの描写は避けられますね。サッチャー政権下では発禁リストが出て、『悪魔のいけにえ』も2000年くらいまで観られなかったくらい。メキシコはルチャ・リブレの国らしく、レスラーがリング場で戦う作品が(笑)。香港映画は面白ければなんでもありで、呪いや祟り、実際の事件まで様々。ちょっと汚らしいくらい、画づくりもとことんやりますね」。

 まずは涌井さんが選んだ5作品で、世界を知ろう。

独特の世界観の悪霊描写。
『魔女伝説・ヴィー』
文豪ニコライ・ゴーゴリ原作の妖怪と神学者の若者が戦う話。壁から手が出てきたり、着ぐるみが登場したりと悪霊の描写がユニーク。
幻想的な蜘蛛ホラー。
『SPIDER』
ラトビアの田舎が舞台の、映像美で綴るモンスター映画。等身大の蜘蛛の化け物が裸の少女と交わるエロティックなシーンは幻想的。
日西合作の珍道中!
『狼男とサムライ』
スペインの国民的俳優ポール・ナッシーが当たり役の狼男を演じた一本。日本を舞台に天知茂と共演するも金銭トラブルで日本未上映。ビデオは超希少。
女レスラーが死闘を展開。
『BAT WOMAN/THE PANTHER WOMEN』
ルチャ・リブレの国ならではの、覆面マスク姿のヒロインが活躍。女子プロレスラーの捜査員が半魚人化計画を阻止する『BAT WOMAN』と、操られた豹女と警察がリング上で戦う『THE PANTHER WOMEN』の2本立て。
ホラー&カンフーの名作。
『ドラゴンVS.7人の吸血鬼』
イギリスのハマー・フィルム・プロダクションと香港のショウ・ブラザーズが共作。ホラー描写、カンフー描写ともに手抜きなし。

インフォメーション

ビデオマーケット

ホラーに限らずSF、モンド、カンフー、アジア、カルトまで、世界各国の映画を揃えるセレクトショップ。○東京都新宿区西新宿7-9-13 ☎03·3369·6613 12:00〜14:00・16:00〜20:00 火休
SHARE: