TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
FOOD

【#2】シドニーのフィッシュマーケット

2021.08.19(Thu)

 初めて行った南半球が気に入って、2018年の年末年始はオーストラリアのシドニーに行った。

 その前年に行ったメルボルンは小さなヨーロッパを持ち込んだような落ち着きがあって、いつでも私の日常があった。旅には非日常も求めるので、もうひとつの行きたかった町シドニーを選んだ。

 移民がいる多様な文化の国。それはフィッシュマーケットに行くとすぐに感じた。想像していたロブスター、サーモン、カニだけでなく今、日本で見かける魚が全種類揃っている感じがするくらい豊富だった。肉に関しても同じでステーキ、ロースト用だけでなく新鮮な内臓が売られているのを見て、多民族国家の胃袋を満たしているんだと思った。

マーケットと同じ敷地にお洒落な肉屋があって、そこで働いている人たちがとてもきれいに肉をポーションに切り分けたりショーケースに並べているのを見て食べたくなり、併設されているレストランでティーボーンステーキを注文してミディアムで食べた。仕事がきれいでおいしかった。

プロフィール

中尾敦子

なかお・あつこ|1959年生まれ。北九州出身の料理人の夫と結婚してヨーロッパから帰国。銀座で店を経営後、ジェイクックを開店して今年で35年目。旅のテーマは都市と食事と音楽。知らない世界を旅できるという意味で映画好き。

インフォメーション

J-COOK

東京都渋谷区神宮前3-36-26
03-3402-0657
8時〜20時、日11時〜18時 月休
twitterはコチラ。
SHARE: