TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
LIFESTYLE

【#4】筋肉ラッパー

2022.07.01(Fri)

筋肉ラッパー4人目は Jim Jones。

今まで紹介してきた筋肉ラッパーでオレが一番影響を受けたのがJim Jones。

最も思い出深い曲は、JimmyにとってもキャリアNo.1ヒットであろう「ボォーリィィーーン」の掛け声でお馴染みの “We Fly High”。

個人的に一番好きなシーンはなんと言っても、ギャルを背中に乗せてのプッシュアップシーン。

そして豪華客演陣を迎えた Remixバージョン。

Wife beater (タンクトップを表すスラング)から覗く上腕が輝いてますね〜。

Jim Jonesはニューヨークはハーレムの出身で、同郷のCam’ron, Juelz Santanaらからなる The Diplomats (通称 Dipset) のメンバー。

2003年リリースのデビューアルバム “Diplomatic Immunity” を皮切りに当時のヒップホップシーンで、音楽面とファッション面において、一大ムーブメントを巻き起こしました。

The Diplomats ft. Cam'Ron, Juelz Santana - Dipset Anthem

当時B-Boyファッションといえばオーバーサイズが基本であった中、徐々にタイトなサイジングがトレンドになってきたのだが、その先駆者がDipsetのメンバーでした。

当時大流行したこのファッションに自分も憧れて、Jimmyのスタイルをコピーするようになりました。

そして、生まれた曲が “V-Neck T” です。

「服を小さくするだけじゃなく 体鍛えりゃ服が小さくなる」

Jimmyみたいにかっこよく着こなす為にgymに通い始めたのもこの頃です。

豪華客演陣を迎えたV-Mix ver. も。

そしてJimmyは現在でも現役バリバリでworkoutしまくっていて、その様子を頻繁にInstagramにポストしています。

これを見る度にJimmyも頑張ってるからオレも頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

いつまで経ってもオレのモチベーションです。

プロフィール

YOUNG HASTLE

ヤング・ハッスル|中学3年生の時にキングギドラのアルバム『空からの力』に衝撃を受け、日本語ラップやヒップホップを聴き始める。 18歳よりラップ活動を始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を行い始める。 2010年6月に1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』でCDデビュー。 自身のトレードマークである "VネックTシャツ” 偏愛ソング 「V-NECK T」や、般若 & SHINGO★西成を客演に迎えた筋トレソング「Workout Remix」が大ヒットし、颯爽とシーンに登場。 日本人元祖筋肉ラッパー。5月16日に『HASTLE & FITNESS』をリリース。
SHARE: