CULTURE

作家・乗代雄介が「Think Week」に読む5冊。

テーマ:本を読むということ

2021.09.28(Tue)

photo: Natsumi Kakuto
illustration: Naoki Shoji
text: Kosuke Ide

ムック本『僕たちはこんな本を読んできた』好評発売中!

購入はコチラから

一時期、「本を読むことについての本」を見つける度に買っていたことがあって、今回はそうした本を再読も含めて読んでみようと考えました。

『江戸の読書会』は江戸時代に行われていた、定期的に集まって参加者が予め決めておいたテキストを討論しながら読み合うという「会読」という文化について記した本。江戸時代においては、読書は武士の師弟など余裕のある人が余暇にやる行為で、一部の人間のものでした。当初はとにかく「虚心で読め」というだけの規範だったのが、会読の文化が進むうちに、だんだん自由な討論みたいなものが盛んになる。そこには、相手を言い負かすための嘘なども含まれてきたりして、いわゆるディベートの技法が洗練されてくるんですね。そして幕末になると、読むだけじゃなくて、それを基に行動しようという人が出てくる。吉田松陰などは特に会読を思想的な結社をつくるための手法として重要視していて、牢獄の中でも会読を開いています。そうした流れの中で、一部の余裕ある人だけでなく、市井の人々が本で知識を得ていくようになる。17~18世紀のイギリスで流行したコーヒーハウスで花開いたサロンみたいな、「思想の公共性」が現れてくるのが興味深かったですね。

『江戸の読書会』
前田 勉 著
2018年/平凡社ライブラリー
近世、儒学の学習のために始まり、全国の私塾、藩校で広がった読書会=会読は、身分制社会の中ではきわめて特異な、自由で平等なディベートの場、対等な他者を受け入れ競い合う喜びに満ちた「遊び」の時空でもあった。明治維新、そして近代国家を成り立たせる政治的な公共性を準備するものでもあった具体的な事例をたどり、会読の思想史を紡ぐ。

その一方で、読書が広く普及していく過程で思想が平板化し、単なる立身出世のための学問として一般化されてもいく。『本の中の世界』は物理学者の湯川秀樹が好きな本について語った本ですが、意外にも数学や物理学の本はほとんどなくて、漢籍や古典が中心。だけど、おそらくこうした本が彼の学者としての仕事にも確実に影響を与えているはずで。そんなふうに、「立身出世のため」に読んだのではない本が、最終的に何か重要な役割を果たしてくれるということがあると思う。何かの結果を求めていくと辿りつけない場所みたいなものってあるんですよね。

『本の中の世界』
湯川秀樹 著
岩波新書/1963年
素粒子および核力についての中間子理論によって、日本人として初めてノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹。その幅広い読書体験から生まれた随想を集めたもの。終生の愛読書『荘子』、墨子や漢詩の世界から、エラスムス、アインシュタイン、ドストエフスキーまで。自由な読書の思い出が、科学的思索を支える教養の広さ、人間の豊かさを感じさせる。

『柳田國男全集31』には、柳田がある村の古本屋で、地元の青年が書いた「自筆本」を手に入れるエピソードがあって。その本は青年が伊勢や熊野を旅した際の日記なのですが、嬉しいとか寂しいとか、何かを見てこう思ったとかいった感情はまったく書かれていなくて、何を食べてお金をいくら使ったとか、宿の仕組みがどうだとかの事務的なことばかりが書かれている。だけど、土産に櫛や重箱を買ったとか、旅先で偶然、知人に会って酒を飲み、酒代としていくら払ったとかいう記録から、彼の旅の様子が偲ばれる。そこにグッとくる。青年が書かなければ、そして柳田がそれをたまたま読んで本に記さなければ、この世からなかったことになるようなことが、そこにある。読むことで色々な人間がいた事実を残していく柳田の姿勢がかっこいいなと。村上春樹さんと川上未映子さんの対談本『みみずくは黄昏に飛びたつ』で、村上さんが「自分が見定めた対象と全面的に関わりあうこと。そのコミットメントの深さが大切なんだ」ということを書いているのですが、まさしく柳田は名もなき市井の人々という対象に深い思いをもってコミットした人だと思います。僕自身、小説を書くことで、書き残すべきだと感じる自分の経験や考えを伝えていかなければいけないと、あらためて考えさせられました。

『柳田國男全集31』
柳田國男 著
1991年/ちくま文庫
日本民俗学の創始者であり、近代日本を代表する思想家として大きな業績を遺した柳田が、折々に綴った序文や書評、また自身の読書について書いた「退読書歴」「老読書歴」「乱読の癖」などの文章を集成した随想集。新体詩人の頃や竜土会、イブセン会時代の回想など、青春期の柳田を知る上で貴重な文章を収めた「ささやかなる昔」の他、「幽冥談」を収録。
『みみずくは黄昏に飛びたつ 
川上未映子 訊く/村上春樹 語る』
川上未映子、村  上春樹 著
2019年/新潮文庫
10代の頃から村上春樹文学の愛読者だった作家・川上未映子が、村上の初期エッセイから最新長編まですべての作品と資料を精読し、その最深部に鋭く迫る、計13時間に及んだ超ロングインタビュー。『騎士団長殺し』誕生秘話、少年期の記憶、フェミニズム、世界的名声、そして死後のことまで。創作の源泉とその素顔を鮮烈な言葉で引き出した記録。

そんな本に対する思いを茶化すようなタイトルの『読んでいない本について堂々と語る方法』は、フランスの精神分析家が書いた一冊。どうせ誰もがすべての古典を読んだりしていないのだから、書物同士の関係とか文脈、全体の見晴らしがわかっていればいいのだ、と著者はユーモアを交えて語ります。面白いのは、本書の中で、読んでない本について説明しないといけない場面に追い込まれた人を描いた古今東西の小説などの具体例をたくさん引いているところ。この人めちゃくちゃ読んでるじゃん、と(笑)。読んでいるのに、読んでない人をバカにしない、読書の楽しみ方をすごくクレバーに提案している本だと思います。

『読んでいない本について堂々と語る方法』
ピエール・バイヤール 著/大浦康介 訳
2016年/ちくま学芸文庫
「本は読んでいなくてもコメントできる。いや、むしろ読んでいないほうがいいくらいだ」大胆不敵なテーゼをひっさげ、フランス文壇の鬼才が放つ世界的ベストセラー。精神分析家であり文学をめぐる創造的批評を展開する著者が、ヴァレリー、エーコから漱石まで古今東西の名作を引用しながら、書物の位置づけを大づかみに捉える力としての「教養」を説く。

プロフィール

乗代雄介

のりしろ・ゆうすけ|1986年、北海道生まれ。作家。2015年に小説『十七八より』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞受賞。2019年に『最高の任務』で芥川賞候補。7月に『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』を刊行。読書のお供は、明治「果汁グミ ぶどう」。
『僕たちはこんな本を読んできた』発売中!
SHARE:

ピックアップ