FASHION

デザイナーはなぜそれを作ったのか?/FRANK LEDER

2021.06.21(Mon)

photo: Kazuharu Igarashi
edit: Tamio Ogasawara
text: Neo Iida
2019年10月 870号初出
※ジャケットは現在取り扱いなし。

デザインの"なぜ"がわかると、じわりと気になり、だんだんと焦がれるように、頭から離れなくなる。服を選ぶのは自分だけど、まずは一度デザイナーたちの言葉に耳を傾けてみようじゃないか。

この生地を作る工場は一つしかないんだ。

「常に新しい生地や素材を探しているけれど、生地の見本市やオンラインやSNSで探すのはあんまり好きじゃないんだ。他の人もきっと同じものを見ているからね。誰も知らない生地を見つけたいから、気になる話を聞いたら自分で直接調べに行く。この“ジャーマンレザー”は、14〜15年前に友達が教えてくれた古い工場で出合ったもの。主に大工さんのためのワークウェアに使われている生地で、実際はコットン生地なんだけど、丈夫でタフだからみんな“レザー”と呼ぶ。僕はドイツにフォーカスして服作りをしているし、その質実剛健さがマッチすると思った。ただこのまま使うには“ワーク”過ぎるから、“ファッション”に用途を変える必要があると思った。それで試しに表と裏を逆にしてみたんだ。そうしたら、独特な風合いが生まれて経年変化の表情も出やすくなった。頑丈だけど、着ているうちにどんどん馴染んで、その人だけのシワができていく。着ているその人の10年を表現してくれるし、10年後はもっと美しくなる。そうそう、この前交通事故に遭ってしまったんだ。車に5mくらい引きずられて、パンツはボロボロになったのに、ジャーマンレザーのジャケットは無事だった。まさに鎧だよ」

プロフィール

FRANK LEDER

フランク・リーダー|1974年、ドイツ生まれ。セントマーチンズでファッションを学び、1999年にコレクションを発表。昨年、ウィーンに古本屋をそのまま使ったコンセプトストアをオープンした。背景写真がそのお店。

SHARE: