TOWN TALK / 1か月限定の週1寄稿コラム
LIFESTYLE

【#3】また来てね、ポール・ウェラー

2022.04.27(Wed)

2022年に入り夏フェスや単独公演など、海外ミュージシャンの来日情報も徐々に増えてきていますね。

私はイギリスのミュージシャン、ポール・ウェラーが好きなのですが、来日公演は2018年1月以降ありません。(その後3枚アルバムが出ているのに~)

コロナが落ち着いて、またそう遠くないうちにウェラーのライヴを観られる日を夢見て<もう演奏しないかもしれないけれどいつかライヴで聴いてみたい曲>を勝手に3曲選びました。

・「Science」・・・2006年中野サンプラザ公演で一番印象に残った曲。元は3分半程のシンプルな曲ですが、ライヴではジャム・セッションになだれ込みヒートアップしていく演奏に大興奮でした。

・「Dust & Rocks」・・・2021年フル・オーケストラとの共演ライヴ盤が発表されましたが、再演があるならラインナップに加えてほしいなぁと思う曲です。アーシーで叙情的な隠れた名曲です。

・「A Bullet For Everyone」…現在の問題にもリンクする怒れるメッセージ・ソング。2002年ハイド・パーク・ライヴ映像のような熱いギター・ソロを体感してみたいものです。

ポール・ウェラーがソロになってからのオリジナル・アルバムをCDで並べてみました。しかし1枚見当たらず抜けています。さて何でしょう?
PET SOUNDS RECORD 東尾沙紀

プロフィール

PET SOUNDS RECORD

東京・武蔵小山駅前にて1981年から営業を続けている古き良き街のCD・レコード店、ペット・サウンズ・レコード。年中無休。HPの「今日のこの1曲」コーナーでは、店内でその日にかけたオススメの1曲を毎日紹介しています。

◯東京都品川区小山3-27-3 ☎︎03-3787-0818

Official Website
http://www.petsounds.co.jp
SHARE: