LIFESTYLE

石を積もう。

時間はたっぷりとあるから、新しい趣味でも始めてみない? ロックバランシングとか。

2021.03.26(Fri)

photo: Taro Hirayama
styling: Satoshi Kamei
grooming: AMANO
edit: Koji Toyoda
2020年11月 883号初出

 今気になっている趣味といえば、そう石積みだ。え? と思うなかれ。海外ではロックバランシングと呼ばれ、年に一度テキサスで世界選手権が開催されるほどメジャーな競技。やってみるとこれがまた奥が深い。というのも、ただ積み上げるんじゃなくて、どう均衡を保っているのか理解できないほど危なっかしいバランスを生み出すのがこの世界の美学。ユタ州のバランスロック(ネットで検索!)とか、重力を無視した奇岩が自然界に存在するけれど、あの状態を自分で作り出す感じだ。最初に断っておくと、これはかなり難しい。しかし、何百回かの失敗の後、ジリジリと位置を調整しながら、バランスを見極めていくと、奇跡の瞬間が! その刹那、自然の真理に触れたような深い感動が訪れる。第一人者のマイケル・グラブは「瞑想にも近い行為」と言っていたが、かなり納得できる。週末は、静かに石と向き合って雑念を吹き飛ばさない?

表情を見てわかる通り、完成すると本当にかなり嬉しい。





インフォメーション

ロックバランシング研究所 石花の 「宅積み用石花台 マルタ座」

手っ取り早く始めるなら、日本の伝道師「ロックバランシング研究所 石花」が開発した初心者向けキットがおすすめ。¥5,000(ロックバランシング研究所 石花☎042·507·7895)


SHARE: