PROMOTION

春のバルマカーンコートで待ち合わせ。

nanamica

2022.02.28(Mon)

photo: Mai Kise
styling: Junichi Nishimata
grooming: Yoshikazu Miyamoto
edit: Koji Toyoda

ゴアテックス バルマカーンコート¥121,000、クルーネックニット¥28,600、ギンガムチェックシャツ¥26,400、ワイドパンツ¥30,800(すべてナナミカ/ナナミカ 東京☎︎03•5728•3266)
その他は私物

クラシックな老舗にも、最近オープンしたベーカリーにも。そして、男女どちらにもしっくりとくるバルマカーンコートがある。

〈ナナミカ〉のバルマカーンコートは見た目はクラシックなのに、実は機能的。もし、突然雨が降ってきても表地に防水透湿素材の2 Layer Cotton Twill GORE-TEX Fabricsを使用したこのコートならばへっちゃらだし、クールマックス混の裏地が湿気を逃してくれるからいつも快適。そんな機能性と飽きのこないデザインが同居しているのがスゴイんだ。もしかして『柳屋』のたい焼きとも似ているのかな、なんてことも思ったりする。シンプルなのに毎日食べたくなる。今日も長い行列ができている理由は、きっとそこにあるんだろう。今日は隅田川でガールフレンドと待ち合わせ。せっかくだからガールフレンドにも買って、あとで一緒に食べよう。

ゴアテックス バルマカーンコート¥121,000、ボタンダウンシャツ¥20,900、スウェットパンツ¥26,400、肩にかけたスウェット¥24,200、キャップ¥8,800(すべてナナミカ/ナナミカ 東京☎︎03•5728•3266) その他はすべて私物

ガールフレンドは、バナナブレッドを買ってきてくれた。

僕と彼女は思いがけずペアルックになっちゃったわけだけど、申し合わせたかのように2人とも手土産持参スタイルなのがおかしかった。お互いのことを思っているってことかな? 彼女は日本橋小舟町に新しくできたばかりの『Parklet』でバナナブレッドを買ってきてくれたみたい。今日、彼女が着ているのはベージュカラーのもの。バサッと羽織るだけで、インナーにどんなものを着ていようとトラッド感が増すし、ビッグサイズのAラインシルエットは僕だけでなく彼女にもしっくりくる。秋だって冬だって、もちろんこれからやってくる春にだって。いつでも誰にでもシティライフに寄り添ってくれる特別な一着なんだ。ひとつだけ注意。このコートはここのところ毎シーズン作っているのだけれど、結構早めに売り切れちゃうんだ。僕も彼女と同じベージュの方もも欲しくなってきた次第。

バルマカーンコートは、オリジナルハウスチェックの裏地もかわいい。
春のコートが欲しい!

インフォメーション

ナナミカ東京 ☎︎03•5728•3266

SHARE: