令和四年

2022

六月

24

Friday

TODOカレンダー

2022年06月24日(金)


TV & RADIO

22:45〜NHK総合『ドキュメント72時間「東京・練馬 野菜の自動販売機」』を見る。

番組は、2013年のレギュラー放送開始から10年目を迎える。「もう一度見たい72時間」歴代ベスト10の視聴者投票が公式サイトにて今日まで行われているよ!

公式サイトへ

TV & RADIO

24:00〜BS朝日『ベストヒットUSA』を見る。

「シカゴ特集2022、ジャック・ハーロウ」

公式サイトへ

EVENT

今日は「UFO記念日」

こちらの記事もあわせてどうぞ!

Go with the 風呂〜 Vol.7/UFOふれあい館

MUSIC

本日のBGM


ART

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO@京都中央信用金庫 旧厚生センター

ブライアン・イーノは、ヴィジュアル・アートのパイオニアでありながら、「アンビエントミュージック」の生みの親でもあり、デヴィッド・ボウイ、U2、コールドプレイらの代表作を生み出した名プロデューサーであり、(息継ぎ)、はたまた環境問題をはじめとする社会活動にもいち早く取り組んできたアクティヴィスト。自ら「非音楽家」と名乗るのも頷けるくらいに様々な顔をもつ。そんな生きる伝説のインスタレーションはどうしても鑑賞しておきたい。さあ京都へ急げ!

会場:京都中央信用金庫 旧厚生センター
会期:2022年6月3日(金)〜 8月21日(日)
休館日:無し
時間:11:00〜21:00(展示会入場は閉館の30分前まで)
入場:一般 (大人) ¥2,000 / 大学生・専門学校生 ¥1,500 / 中高生 ¥1,000 (土日祝はそれぞれ +¥200)小学生以下無料 詳細はHPにて。

公式サイトへ

ART

菅 木志雄「有でもなく無でもなく」@小山登美夫ギャラリー

海外のアートシーンでも再評価の波がきている「もの派」。60年代末~70年代の日本で起きた芸術運動であり、その主要メンバーである菅木志雄の展示が六本木の小山登美夫ギャラリーで開催。木や石など、世界を構成する素材そのものに着目してきた菅が、「もの」への認知の仕方、世界の見方を根底から揺さぶる。78歳になった現在の新たなる境地だ!

会場:小山登美夫ギャラリー六本木
会期:2022年6月11日(土)〜 7月9日 (土) 
休館日:日曜・月曜・祝日
時間:11:00-19:00 
入場:無料

公式サイトへ

BOOK

『サム・ライミのすべて『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』への軌跡』を読む。

『サム・ライミのすべて
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』への軌跡』
ele-king編集部(編)

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』で、久々にマーベル回帰したサム・ライミの全貌に迫った1冊(『スパイダーマン』でマーベル映画を機動に乗せたのが彼だったことを忘れちゃいけない!)。彼が青年期の仲間とともに映画界に殴り込むまでの軌跡を辿ったコラムは、マジに青春映画みたいな内容で涙がこぼれた。¥1,980/Pヴァイン


MOVIE

『スパイダーヘッド』 ジョセフ・コシンスキー(監)を観る。

SPIDERHEAD. (L to R) Chris Hemsworth as Abnesti, Miles Teller as Jeff and Mark Paguio as Verlaine in Spiderhead. Netflix © 2022

コロナによる延期に次ぐ延期を経て、ようやくただいま公開中の『トップガン マーベリック』は、今年のナンバー1必見作だ。その余韻に浸る間もなく、その監督であるジョセフ・コシンスキーの新作が、Netflixにドロップされる! しかも、とある薬の被験者になった2人の受刑者を描く本作は、日本でも『十二月の十日』が話題になった(訳したのは岸本佐知子さん!)、ジョージ・ソーンダーズの短編小説が原作。これはもう事件というしかない! 6月17日よりNetflixで独占配信。

公式サイトへ

ART

世界の終わりと環境世界@GYRE GALLERY

草間彌生、荒川修作、アニッシュ・カプーア……etc。現代アート好きなら鼻血がでちゃうメンバー。これらアーティストたちの作品が「世界の終わりと環境世界」というクールなテーマの元に集結。ここで作品が共通して訴えているのは「人間中心主義」というエゴイスティックな認識への警鐘だ。そこから抜け出したときに、(ポジティブな意味で)「世界の終わり」がやってくるのだという。ならば共に終わりを迎えようではないか!

会場:GYRE GALLERY
会期:2022年5月13日(金)〜 7月3日(日)
休館日:不定期(館の休館日に準ずる) 
時間:11:00 〜 20:00
入場:無料

公式サイトへ

ピックアップ