令和四年

2022

四月

1

Friday

TODOカレンダー

2022年04月01日(金)


TV & RADIO

13:40〜テレビ東京『午後のロードショー「キンダガートン・コップ」』を見る。

「金曜はアーノルド・シュワルツェネッガー」
1990年 / アメリカ / アイバン・ライトマン(監)

公式サイトへ

TV & RADIO

24:00〜BS朝日『ベストヒットUSA』を見る。

ジェイソン・ムラーズ特集、プリンス。

公式サイトへ

TV & RADIO

24:20〜テレビ朝日『タモリ倶楽部』を見る。

「オブザイヤーオブザイヤー」を決定!

公式サイトへ

MUSIC

本日のBGM


FOOD

『FUGLEN ASAKUSA』シーズナルワッフル

¥770

「FUGLEN ASAKUSA」のもちもちなノルウェーワッフルに、春仕様が登場中。ノルウェーの蒸留酒リニア・アクアビットでキャラメリゼバナナをフランベし、コクのあるブラウンチーズはアイスにするなど、ノルウェーの食材で深みを出し、春らしい麗らかな色合いに。ノルディックローストの酸味あるコーヒーとも合うし、春光降り注ぐテラス席で食べたら絶対気持ちいい。

インフォメーション

FUGLEN ASAKUSA

ワッフルは浅草店のみ。春のワッフルは5月末まで。○東京都台東区浅草2-6-1 ☎︎03・5811・1756 9:00〜21:00、土・日8:00〜21:00※コロナウイルス状況下現在の営業時間 無休


MOVIE

『ニトラム/NITRAM』ジャスティン・カーゼル(監)を観る。

(C) 2021 Good Thing Productions Company Pty Ltd, Filmfest Limited

社会に馴染めない1人の青年が、初老の女性と出会い一緒に暮らす……のだが、そこからの展開はまったく予想がつかなかった。オーストラリアで実際に起きた事件を元にしているらしいが、予想のつかなさを味わいたいなら、事前情報は入れずに観るべし。その上で少しだけ付け足すと、ガス・ヴァン・サントの『エレファント』と『ラスト・デイズ』を核融合させて、エモさを引いたような映画だと言えるかもしれない。特に唖然としたのは、あることがきっかけで主人公の父親がソファから起き上がれなくなるくらい意気消沈してしまうのだが、そのソファにビニールが張られていたこと。エモさのかけらもない渇ききった殺伐感! たぶん、ガスにはソファにビニールを張るなんてことはできないだろう。3月25日より公開。

公式サイトへ

ART

ダミアン・ハースト 桜@国立新美術館

ダミアン・ハーストといえばホルマリン漬けの作品が強く印象に残るが、彼がこのところ一貫してモチーフとしているのはまさにこの季節にぴったりの「桜」だ。30年以上にわたるキャリアの中で、「生」と「死」をはじめとして様々な角度で作品に向き合ってきた作家の新たなる境地を目撃したい。

会場:国立新美術館 企画展示室2E
会期:2022年3月2日(水)~5月23日(月)
時間:10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
入場:1,500円(一般)、1,200円(大学生)、600円(高校生)
※中学生以下は入場無料。
障害者手帳を持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。

公式サイトへ

ART

星空と路 —3がつ11にちをわすれないために—(2022)@ せんだいメディアテーク

せんだいメディアテークは2011年5月、東日本大震災による甚大な影響に対し、ともに向き合い考え、復興への長い道のりを歩きだすために「3がつ11にちをわすれないためにセンター」を開設した。この『星空と路』では毎年、センターの参加者による記録を紹介する展示や上映会を行っている。記録を自分自身の記憶と結びつける、”忘れない”ための一歩を歩もう。

会場:せんだいメディアテーク
会期:<展示>
   3月9日(水)〜3月13日(日)10:00-18:00 1f オープンスクエア
   3月15日(火)〜4月24日(日)9:00-20:00 7f スタジオa
   *3月24日(木)は休み
   <上映>
   3月12日(土)・3月13日(日) 7f スタジオシアター
入場:無料

公式サイトへ

ART

“ペイン天狗” 長谷川繁とO JUN@カスヤの森現代美術館

1990年代、新しい具象(ニュー・フィギュラティヴ・ペインティング)の作家として注目され、作家活動の初期から影響関係にあるO JUNと長谷川繁の二人展。「描く」ことの本質に向き合ってきた彼らの作品がどのように共鳴しているのか非常に興味深い。常設展示も充実のラインナップなのでそちらも併せて鑑賞したい。

会場:カスヤの森現代美術館
会期:2022年1月8日(土)〜4月3日(日)
時間:10:00-17:30(入館は17:00まで)、月・火・水曜休館。
入場:一般700円、学生600円(小学生400円)

公式サイトへ

ART

contemporary – ism – living + art – 現代作家による家具作品とアート展@Objet dʼ art

ヴィンテージ家具のギャラリー「Objet d' art(オブジェデアート)」にて、アートサロン「SCÈNE」協力のもと、アートや立体作品を交えての企画展が開催。ベルギー出身の現代作家を主体にした作品群は、ほとんどが本邦初の展示となっている。そんな興味深いアートやヴィンテージ家具を会場で体感して、生活とアートが地続きになる楽しさを味わいたい。
期間中は出展作品の販売、受注を行うほか、同時に展示されているアートやヴィンテージ家具等も販売。

会 期:2022年3月4日(金) - 4月3日(金) 11時 - 19時(入店は18時まで)
会 場:Objet dʼ art  江戸川区小松川 4-64 (入場無料)

公式サイトへ