CULTURE

☑️今週末のTO DO LIST

面白いことはすぐチェック。予定を埋めてエンジョイ!

2022.05.28(Sat)

cover design: Kazuma Mikami
photo: Naoto Date(food)
text: Keisuke Kagiwada(movie&book), Shoko Yoshida(food)
edit: Ryoma Uchida

この週末は全国的に猛暑☀の予報。水分補給をしっかりしつつ、週末をエンジョイできるコンテンツもしっかり補給!


☑MOVIE

『MADE IN YAMATO』
宮崎大祐、山本英、冨永昌敬、竹内里紗、清原惟(監)を観る。

Ⓒ踊りたい監督たちの会

5人の監督が手掛けた、神奈川県大和市が舞台の短編オムニバス。同市が地元であり、かつてそこを舞台に『大和(カリフォルニア)』を作ったこともある宮崎大祐監督が企画者らしい。テーマしばりのオムニバスは、それぞれの監督がこの大和という素材を「どうさばいたか?」っていう大喜利的な魅力があるし、それを通して監督たちの個性が際立つのも面白い。個人的には清原監督による、ウィリアム・フォークナーの『八月の光』にオマージュを捧げたと思しき「三月の光」が興味深かった。5月28日より全国順次公開。

公式サイトへ

☑TV&RADIO

5月28日(土)12:00〜J-WAVE『BLUE IN GREEN』を聴く。

今回の放送は横浜・赤レンガ倉庫で開催される『GREEN ROOM FESTIVAL』の会場から公開生放送。ゲストにはフェス土曜日のトリを務めるUAが登場予定。盛り上がるフェスの空気を耳から味わうのもまた一興。

公式サイトへ

5月29日(日)18:00〜TBS『世界遺産「コルシカ島のポルト湾周辺 〜 海底から山まで 奇岩だらけの島」』を見る。

ナポレオンの出生地としても知られるコルシカ島。地中海の真ん中に位置し、”美の島”ともいわれるのだそう。美しい海に赤い断崖、そびえたつ奇岩……。ズルすぎるくらい贅沢な景色に癒されて、月曜日が近づいてくる憂鬱をひとときでも忘れよう。

公式サイトへ

☑FOOD

『かかん麻婆』の麻婆豆腐定食

¥1,280

鎌倉・梶原の行列ができる麻婆豆腐の名店『かかん麻婆』が富ヶ谷にオープンして、あの四川麻婆豆腐が都内で食べられるように。自家製麻辣醤のスパイシーなコクとチリフレークと葉ニンニクの爽やかな香ばしさを優しい油が包みこみ、ご飯が永遠に食べられる。富ヶ谷店では挽肉を大豆ミートに変更できるのも嬉しい。

インフォメーション

かかん麻婆 富ヶ谷店

夜は一品料理も提供する。◯東京都渋谷区富ヶ谷1-17-3 3A TERRACE BLD 1F ☎︎03・6823・0764 11:30〜LO14:30、17:00〜LO19:30 火休


☑BOOK

『ショットとは何か』を読む。

『ショットとは何か』
蓮實重彦(著)

当代随一の映画批評家による最新著のテーマは、題名にも示されているように「映画におけるショットとは何か?」。しかし、それを原理や理論に頼ることなく、『殺し屋ネルソン』を始めとする具体的な作品をじっと見つめることによって浮かび上がらせる。どうやら映画の魅力は、単体のショットを編集でどうつなぐかという「ショットの連鎖」にあるのかも。いやはや映画を観たくなる1冊。¥2,420/講談社

『黄金虫変奏曲』を読む。

『黄金虫変奏曲』
リチャード・パワーズ(著)、森慎一郎他(訳)

まずは白旗を上げるしかない。パワーズの他の小説と同様、本書も要約不可能です、と。その上で、エドガー・アラン・ポーの「黄金虫」とバッハの「ゴルトベルク変奏曲」と、遺伝情報をめぐる生物学がキーアイテムになるとは言える。にもかかわらず、壮絶にロマンチックな恋愛譚でもあるんだから、「つまりどういうこと?」と突っ込みたくなる気持ちもよくわかる。ただ、珠玉の読書体験が待っていることだけは確約しますので、とにかく読んでみてくださいな。¥5,720/みすず書房


☑ART

ラシード・ジョンソン「Plateaus」@エスパス ルイ・ヴィトン東京

PLATEAUS 2014年 エスパス ルイ・ヴィトン東京での展示風景, 2022 579.1 x 457.2 x 457.2 cm Courtesy of Fondation Louis Vuitton © Rashid Johnson Photo credits: © Keizo Kioku / Louis Vuitton

巨大なグリッドのなかに入り乱れる植物やシアバター、陶器、本、アマチュア無線機……etc。これらをじっくり観察すると、この作品自体が作者ラシード・ジョンソンを表していることがわかる。個人的な素材がミクストメディアとして混交し、新たな物語を紡ぐ。そんな生命力に溢れた“彼”の一端にぜひ触れてほしい。

会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
会期:2022年4月27日(水)〜9月25日(日)
休館日:ルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる。
時間:11:00〜19:00
入場:無料

公式サイトへ
SHARE: