FASHION

5月の『POPEYE NOTES』#1

2022.05.09(Mon)

photo: Nagahide Takano, Kazufumi Shimoyashiki
text: Tamio Ogasawara
cooperation: Takahiro Goko
2022年6月 902号初出

本誌で毎月定例でお届けしている「POPEYE NOTES」。本誌が販売している間だけ、Webでも一部公開!

1. PRADA

¥203,500※予定価格

ストライプはストライプでも、手で描いたようなラインがのんびりステキな〈プラダ〉のシャツ。程よい身幅に長めの着丈がいいバランス。カフスの斜めのカッティングや、下3つの横向きのボタンホールなど、細かいところもおしゃれなのだな。(プラダ/プラダ クライアントサービス☎0120·45·1913)

2. KOICHI YANAGIMOTO

アーキヴィストという言葉を手掛かりに、デザインディレクターだった柳本浩市さん(1969-2016)の膨大な数の収集物をまとめた記録集『柳本浩市 ARCHIVIST』が発刊。柳本さんが残してくれた、収集、整理、編集といった活動の記憶を目に焼き付けておきたい。(SWIMSUIT DEPARTMENT☎03·6804·6288)

3. DESCENDANT KYOTO

みんな大好きな京都に〈ディセンダント〉のお店ができたぞ。京都らしく奥行きのある店内は船室のような雰囲気で、ベンチに座っていると、うん? なんだか揺れてる感じ? 内装は〈レアジェム〉の西條賢さんで、窪んだ取っ手や揺れても滑り落ちない天板のへりなどディテールにも船好きのこだわりが。ハーバー気分なナイロンスイングトップもよかったし、徹さんと一緒に京都に行ったのも楽しかったなあ。○京都府京都市中京区八百屋町105-1 ☎075·212·0002 12:00〜19:00 水休

4. JIL SANDER+

¥85,800

〈ジル サンダー〉のナイロンショーツは実はインナーにレギンスが付いた一体型。キメの細かい滑らかなストレッチ素材なので、スポーティというよりは、初夏の風をふわっと上手に切れそうな品のある一本。(ジル サンダー+ バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン☎0120·919·256)

5. SOWDEN LIGHT

ポストモダンなテーブルランプは、デザイン集団「メンフィス」の創設メンバーのひとりであるジョージ・ソーデンによるライティングブランド〈ソーデンライト〉。ヘッド天面がタッチスイッチで、長押しで調光。シリコンシェードは取り外し可。考える間もなく買ったね。(SOWDEN LIGHT/NICK WHITE☎03·3407·3110)

※素敵なモノばかりなので売り切れてる可能性があります。ご了承ください。

SHARE: